Troubled debt restructuring -Debt modifications で Present value を使うのは Creditor- USPCA

Liability と Asset の Restructuring(再編)。会社の経営悪化などの Trouble により、 Liability の Extinguishment (決済)を行う。

 決済方法には2種類ある。 

  • Full settlement
  • Modification of payment terms

Full settlement (全額決済) と、Payment terms (支払条件) の Modification (修正)

POINT

・Extinguishment する Liability が、Settlement に使う Asset や Equity を上回っていると、Gain on Restructuring of debt が発生

<

Full settlement (全額決済) と、Payment terms (支払条件) の Modification (修正)

Full settlement

Debt の全額決済。 

Asset による Full settlement

Asset で Liability を全額決済する。

まず、

 ・Asset の Revalue

そして、

 ・Liability の Extinguishment (決済)

を行う。 

Asset の Revalue

Restructuring に用いる Asset の Book value と Market value を比較する。

そして差額を、Revalue の Gain or loss として計上する。 

Liability の Extinguishment

Liability が Asset の Market value を上回っていれば、その金額を Gain on Restructuring of debt (Gain from extinguishment of debt ) として計上する。Income statement で Report 。 

Revalue の Gain も Extinguishment の Gain も Ordinary gain であって Extraordinary gain ではない。
Creditor が取得した Asset は、Market value で計上される。

◇Example
XXX Corp. entered into a troubled debt restructuring agreement with Bank. Bank agreed to accept land with a carrying amount of $80,000 and a fair value of $100,000 in exchange for a note with a carrying amount of $135,000. What amount should XXX report as a gain from extinguishment of debt in its income statement?


Land の Revalue の Gain は 100,000 – 80,000 = 20,000

Extinguishment の Gain は 135,000 – 100,000 = 35,000

Equity interest による Full settlement

Debtor が Creditor に、Equity interest を Issue もしくは Grant し、Debt を Full settlement する。

Extinguishment (決済)する Debt が、Equity interest の Fair value を上回っているとき、その差額を Gain on Restructuring of debt (Gain from extinguishment of debt ) として計上する。

Gain on Restructuring of debt = Carrying amount of debt – Fair value of equity interest

Modification of payment terms

支払条件の修正による債務額の一部減額。Interest の支払免除や Principal(元本)の減額などが該当する。

Debtor

借り手の処理。Debtor は、Debt の Carrying amount が、New term による Total の Future cash payment を Exceed していたら Gain を計上する。

Future cash payment には Present value を使用しない。

Creditor

貸し手の処理。Debtor にとっての 債務免除は、Creditor にとっては Impairment であり Bad debt (貸し倒れ)!

以下の処理を行う。

  • Bad debt expense の計上
  • Valuation allowance の計上

Bad debt expense の計上

Bad debt expense は、

Modification 前の Receivable の Carrying amount 

から

Modification 後の New term の Future cash payment の Present value 

を引いてもとめる。

Receivable は、Principal + Accrued interest 。

Bad debt expense
=
Carrying amount of receivable

Present value of future cash payment

 

Valuation allowance の計上

Bad debt expense は Debit に計上する。

Reduce した Receivable (Principal + Accrued interest) は Credit に計上する。

Remaining balance (差引残高)は、Impairment の Valuation allowance として計上する。

 D: Bad debt expense
  C: Receivable
  C: Valuation allowance

Fair value election

Debt modifications では Fair value election を使用できる。しかし、Requirement ではない。

Accounts payableとAdvances -FOB shipping pointは発送時でTitle移動- USCPA

Notes payable -支払手形はMarket rateで現在価値を計算- USCPA

Deferred revenue(前受収益) -Gift certificateは販売時に計上- USCPA

Short-term loan(短期借入金)  -RestructuringのFull settlementは差額をGainかLossで計上- USCPA

Payroll taxes(要は社会保険)  -FICAとUnemployment(失業保険)- USCPA

Escrow accounts liabilityとAsset retirement obligation -資産除去債務には利率をかける- USCPA

Dividends payable -未払配当金はDeclareされなければ未計上- USCPA

Warranty liability -製品保証債務はAccrued liabilityで計上- USCPA

Coupon liability -予測の使用数をAccrued liabilityで計上- USCPA

Compensated absences -社蓄国家日本は消化率が悪い- USCPA

Contingent losses -Unfavorable outcomeがProbableなら計上- USCPA