カエルでもわかる負債・前受金の仕訳 売掛金や売上との関係 仮受金との違い - 日商簿記3級

会社は、商品やサービスを売って、利益をあげる。

知ってっし!

売上は、即金払いの現金売上

と、

あとでまとめて支払う掛売上がある。

う、う、うう、売掛金!

掛売上では、売掛金という勘定科目が使用される。

今回は、さらに内金としてお金を受け取った場合の処理について。

ここで使用される勘定科目が、前受金だ。

ぜ、ぜ、ぜん、じゅ、ぜんぜん、ぜんじゅ、ぜんぜんぜんじゅ!

前受金は負債

商品やサービスを提供するとき、前もって内金を受け取ることがある。

それが、

前受金(まえうけきん)

この前受金を受け取ったときは、まだ商品やサービスを提供していない。

したがって、売上はまだ発生していない。

あとで、商品やサービスを提供する義務があるので、

前受金負債に該当する。

勘定科目は、下記の5つのグループにわかれ、借方貸方のいずれかの属性をもつ。

貸借対照表で表示される3つと、

  • 資産 ⇒ 借方
  • 負債 ⇒ 貸方
  • 純資産 ⇒ 貸方

損益計算書で表示される2つだ。

  • 収益 ⇒ 貸方
  • 費用 ⇒ 借方

この5つのグループは、5要素とか5大要素と呼ばれる。

前受金は、この負債に属する。

負債は、あとでお金を支払ったり、あとで商品やサービスを支払ったりする義務となる。

前受金を受け取ったときの仕訳

たとえば、下記のような取引が発生したとする。

  • 250,000円の商品のうち、50,000円を内金として受け取った。

この取引を記録するために、仕訳を行う。仕訳とは、取引を記録するテクニック。

取引を借方貸方の二つにわけて記帳する。

借方は左側!貸方は右側!

上の例の内金50,000を受け取った取引は、以下のように仕訳を行う。

借方        貸方

(現金)   50,000   (前受金)  50,000

現金は、資産の勘定科目。

もう一度、5要素と属性をみてみよう。

  • 資産 ⇒ 借方
  • 負債 ⇒ 貸方
  • 純資産 ⇒ 貸方
  • 費用 ⇒ 借方
  • 収益 ⇒ 貸方

資産借方属性なので、発生したり増えたりしたときには借方(左側)に記録する。逆に、減った時には貸方(右側)に記録する。

そのため、上記の例だと、現金50,000円を受け取ったので、

借方(左側)に、50,000円を記録する。

一方、前受金負債の勘定科目。

負債貸方属性なので、発生したり増えたりしたときには貸方(右側)に記録する。逆に、減った時には借方(左側)に記録する。

上記の例だと、内金は50,000円。あとで商品を提供する負債だ。

貸方(右側)に、50,000円を記録する。

売上の仕訳は行わない

前受金を受け取った時点では、商品やサービスの提供を行っていないので、売上が発生していない。

そのため、売上の仕訳は行わない。

売上発生時の前受金の処理

商品を受け渡したときの処理について。

このとき、売上が発生するので、売上を計上する。

それと同時に、前受金はお役御免となり、消滅する。

現金売上げ

前受金を受けたあとに現金で売った場合、売上現金前受金の3つの勘定科目を使って仕訳を行う。

借方        貸方

(現金)   XXX   (売上)   XXX

(前受金)   XXX

現金は資産!増えたら借方!
前受金は負債!減ったら借方!

そう、そして売上収益

収益貸方属性なので、発生したり増えたりしたときには貸方(右側)に記録する。逆に、減った時には借方(左側)となる。

あの例をもう一度みてみよう。

  • 250,000円の商品のうち、50,000円を内金として受け取った。

このあと、商品を売り上げ、残りの200,000円を現金で受け取った場合、以下の仕訳となる。

借方        貸方

(現金)   200,000   (売上)   250,000

(前受金)   50,000

掛売上

前受金を受けたあとに掛で売った場合、売上売掛金前受金の3つの勘定科目を使って仕訳を行う。

売掛金はあとで営業代金を受け取れる権利。

借方        貸方

(売掛金)   XXX   (売上)   XXX

(前受金)   XXX

売掛金は資産!増えたら借方!
前受金は負債!減ったら借方!

あの例をもう一度みてみよう。

  • 250,000円の商品のうち、50,000円を内金として受け取った。

このあと、商品を売り上げ、残りの200,000円を掛とした場合、以下の仕訳となる。

借方        貸方

(売掛金)   200,000   (売上)   250,000

(前受金)   50,000

売掛金は前受金と相殺!差額ね!

前受収益との違い

前受金と似た勘定科目として、前受収益がある。

前受収益前受金と同じく負債の科目だ。

前受収益契約によって継続した商品やサービスの提供が決まっているとき、提供前にお金を受け取った場合に使用する。

かたい!

具体例として、前受家賃、前受保険料、前受利息などがある。

仮受金との違い

他にも前受金と似た勘定科目として、仮受金がある。

仮受金前受金と同じく負債の科目だ。

ただし、仮受金内容が不明の一時的な入金に用いる。

そのため、基本、決算では残さない。貸借対照表に表示させない方がいい。

マネーロンダリングや!

会計英語では Advances

会計英語では、Advances という単語がよく用いられる。

USCPA(米国公認会計士)の試験で、Advance payment ときたら前払金。Advance receipt ときたら前受金。

簿記3級をとったら、USCPA(米国公認会計士)も視野に!資料請求はこちらから。

USCPAを目指すならアビタス。

USCPAにかえるはなる!