BondのAmortize -Straight-line method(定額法)- USCPA


Bond 、債券。Bond は Face amont(額面金額)どおりに Issue するとは限らない。

Face amontより低い値段で Issue するのが Discount

Face amount より高い値段で Issue するのが Premium

これら Discount Premium には Amortization (償却)を行わなければならない。

Straight-line method

Amortization を処理するメソッドは2つある。そのひとつが Straight – line method。みんな大好き定額法。

発生した Discount を満期日までの償還期間で均等に割り Amortize する。相手勘定は Interest expense となる。


Interest expense は、Amortization 以外も含まれる。実際に金銭を支払った Bond の支払利息だ。

Face amount に Coupon rate をかけて求める。

  1.  Discount(Premiium)を償還期間で割って Amortize する。
  2. Face amount に Coupon rate をかけて Cash を支払った Interest を求める。
  3. 1.と2.の合計を Interest expense として計上する。

 D: Interest expense
   C: Discount
   C: Cash 

  ◇Example
  Bond …Face amount $1,000, Coupon rate 4%,  Matures in 5years
  Bond 購入状況… @98、Yield 4.4%

  Carrying value は 1,000 × 0.98 で 980。
  Discount は、1,000 – 980 で 20。
  20 ÷ 5年 で 40 を Amortization
  実際に Cash で支払う Interest は、Face amount $1,000 × 4% の 40 。

  D: Interest expense 44
    C: Discount 4
    C: Cash 40

 とてもわかりやすい。だが、実際はこのStraight line method ではなく忌々しい Effective interest method が試験には出るという。

Bond -Bond issue cost(社債発行費)はProceedsからDeduct- USCPA

BondのAmortize -Effective interest method(実効金利法)- USCPA

BondのPresent value(現在価値) -元本と利息を合算- USCPA