IFRSのIntangible assets -Revaluation methodはActiveだとダメ- USCPA

IFRS における Intangible asset の Criterion(判断基準)は、

  • Identifiable
  • Physical substance でない

としている。(Goodwill をのぞく)

Intangible asset として、Capitalize する Cost は、USGAAPと一緒。

  • Purchase cost
  • Register fee
  • Legal fee

Intangible asset を測定するメソッド2つあり、どちらかを選択する。

  1. Cost method
  2. Revaluation method

Cost method

Cost method で考慮するのは、Intangible asset の Useful life(耐用年数)が、 Finite なのか、それとも Indefinite なのか。

Finite intangible asset

Finite な Intangible asset 。つまり Useful life に限りのある Intangible asset 。

こちらの Intangible asset は Useful life で Amortize する。場合によっては、Impairment の test を行う。また、Reversal が認められる。

Indefinite intangible asset

一方、Indefinite intangible asset は Use life に限りのない Intangible asset 。こちらは Amortize ができない。少なくとも1年に1回、決算日に Impairment を確認する必要がある。 

Under IFRS, intangible assets with indefinite lives are tested for impairment annually at the annual reporting date.

また Impairment は、Carrying value(帳簿価額)が Recoverable amount を上回ると実施されるRecoverable amount は、Net selling priceValue in use のどちらか大きいほうを使用する。

Impairment の Reversal は Goodwill では認められない。

Revaluation method

定期的に Intangible asset の Revaluation(再評価)を行うメソッド。Revaluation によって、Book value と Fair value のかい離を確認し、かい離があれば Gain や Loss を計上する。

Revaluation method は、Intangible asset が Active な market で売買されていないと使用できない。
An active market exists for the intangible asset.

Revaluation を行う頻度には定めがない。
There is no rule for the frequency or date of revaluation.

IFRSでは、Development cost は Expense とするが、かなりの Restrictive な situation なら Capitalize することも可能。

Goodwill

上場していない企業の Goodwill は、10年で Amortize できる。

Intangible assets -AmortizationはUseful lifeで分ける- USCPA

Research and DevelopmentとSoftware -研究開発費はExpense- USCPA

IFRSのIntangible assets -Revaluation methodはActiveだとダメ- USCPA

Development state enterpriseとStartup cost -Startup costは全額費用- USCPA