Development state enterpriseとStartup cost -Startup costは全額費用- USCPA

Development state enterprise とは、開業準備中の企業。通常の企業と同じように、GAAPに拠り会計処理を行う。

開業後の企業は、Established operating enterprise という。Deficits(赤字)が発生している時も、通常の企業と同じように Stockholders’ equityで計上される。

Startup cost

新しく事業や会社を始めるときにかかる Non-recurring cost(経常外費用)。Opening のための Onetime activity が該当する Organization cost ともいう。

全額 Expense として直ちに処理するが、税法では 資産計上して Amortize する。

Costs of start-up activities, including organization costs, should be expensed as incurred.

Salary for new employees

新しい事業のための従業員の給与。ただの新入社員は含まれない。Startup cost として全額 Expense

Travel cost

Startup cost として全額 Expense

Training cost

新しい事業のために雇った従業員のトレーニングコスト。Startup cost として全額 Expense

Licence fee

Startup cost として全額 Expense

 

Costs of raising capital

株式発行費用。この Costs of raising capital は Startup cost としない。Expense とせずに、APICから引く。 

Equipment

Equipment などの Fixed asset の購入は、Capitalize。

Intangible assets -AmortizationはUseful lifeで分ける- USCPA

Research and DevelopmentとSoftware -研究開発費はExpense- USCPA

IFRSのIntangible assets -Revaluation methodはActiveだとダメ- USCPA

Development state enterpriseとStartup cost -Startup costは全額費用- USCPA