Notes payable - Market rate で Present value

Note とは、特定の日に特定の金額の支払を約束した Legal document である。手形。商品仕入やサービスの提供、借入金の発生などで発行される。

Note の Issuer (発行者) は、Notes payable という Liability (負債) をおう。

Note の基本

Face value

Note の額面金額。通常、Note は Face value で Issue される。Issuer は Face value を特定の日に支払う。Principal (元本)。

また、Note は Face value より安い金額で発行されることもある。Note の Discount 。

Interest

利息。Note には、通常 Interest(利息) が設定されている。Issuer は、Interest と Principal を支払わなければならない。支払い時には、Interest と Principal を分けて計上する。

Stated rate

Note に設定された金利。

Market rate

市場金利。

Imputed interest

帰属利子。聞きなれない言葉。

実際に Interest の授受が行われていなくても、Interest が発生しているとみなされる Interest 。

Interest が Market rate よりも低い Note 。そんな Note は、Creditor にとって Reasonable ではない。魅力がない。買うわけない。

そんな Reasonable ではない Note は、Discount で Issue され、Reasonable でない Interest の埋め合わせとする。

この Discount を Interest とみなしたのが、Imputed interest

Due

支払い期日、満期日。Note には、Due が設定されている。

 ・Due on December 31 … 12/31 に Mature (満期となる)
 ・Due year 3 … Year 3 で Mature
 ・Due in three months … 3ヶ月 で Mature
 ・Due in 10 equal annual payments … 毎年10回払い

Over one year

支払い期限が1年超の手形。Long term debt 。Non current liability 。

Market rate から Present value(現在価値)を計算し、その金額を Notes payable として計上する。

Long term debt のうち、1年以内に Mature となる Portion は、Current liability となる。Current maturities of long term debt 。

Within one year

Due が1年以内の手形。Current liabiliyt 。

Present value(現在価値)を求めずに Face value (額面金額)で計上する。

Note の Refinance

Short-term から Long-term に Refinance する時がある。そのとき、Current liability は Non-current liability に Reclassify(再分類)される。

USGAAPでは、Company に Intent(目的)Ability(能力)があれば、実際に Refinance していなくても Short-term から Long-term に Reclassify(再分類)できる。

仮に Refinance の Agreement が Collateral(担保)の80%までを Ability として認めているならば、その20%は Short-term のままとなる。

Stock を Issue した Proceeds を Debt の Pay にあてるときも該当する。

IFRSでは、IntentとAbilityがあろうが、実際に Refinance するまで Reclassify は認められない。

Note の種類

Ballon note

満期日に Interest と Principal をまとめて支払うタイプの Note 。

Installment

分割払い。Current maturities of long term debt (1年以内に Mature となる Portion)は Current liability となる。

Mortgage note

担保付の Note 。

Note の Issue

Note の Issue の処理は、

  • Effective interest method
  • Straight line method

がある。

Straight line method は定額法。簡便だが利回りが考慮されない。Installment notes や Market rate と Stated rate が Greatly に Different なときは使用できない。

そのため、主に使われるのは利回りを考慮する Effective interest method となる。

Effective interest method で、重要となるのが Imputed interest 。みなしの Interest 。

こやつは、Interest の Provision が Reasonable でないときに考慮される。

Interest の Provision が Reasonable でない具体例として、

  • Interest rate が Market rate より低い Note 。
  • Face value より安くIssue された Note 。Discount 。
  • Interest がない Note 。Non interest bearing

がある。 

このような場合、Market rate (市場金利)を Imputed interest として適用し、Interest をもとめる。

POINT

・Interest が Reasonable でないとき、Market rate を Imputed interest として適用


・Market rate より安い Interest rate には、Imputed interest (Market rate)


・Face value より安い Discount には、Imputed interest (Market rate)


・Interest がない Non interest bearing には、Imputed interest (Market rate)


Interest rate が Market rate より低い Note

Market rate より低い Interest rate の Note を

Market rate より低い Interest rate の Note を発行したとき、

  • Note の Face value
  • Face value を Market rate で割り引いた Present value

の差額を Interest とみなす。Imputed interest

Notes payable

Less than one year の Note は、Face value が Carrying value (簿価)となり、Notes payable として計上される。

More than one year の Note は、Face value を Market rate で割り引いた Present value が Carrying value となり、Notes payable として計上される。

Interest expense

Interest expense として計上する金額は、実際に Cash で支払う金額ではない。

上記の Market value で割り引いた Present value の Carrying value に Market rate をかけた金額となる。

Present value × Market rate

たとえば、

Market rate が 10% のとき、

Interest rate 5% で Due in five years の $10,000 Note を Issue したとする。

Interest は年一回 。

この Note の Carrying value は、

Face value の $10,000 ではない。

Market rate 8% でわりびいた Present value となる。

仮に、Present value が 8,100 だとしたら、$8,100 を Notes payable に計上する。

また、Interest expense は、

Cash で支払う 10,000 × 5% の 500 ではない。

Present value × Market rate となる。

つまり、8,100 × 10 % = 810 となる。

810 -500 の 310 は Carrying value にたす。

仕訳にすると、

 D: Cash 500
 D: Notes receivable 310
    C: Interest income 810

5年後には、Note の金額が 10,000 に近くなる。

RateInterestCashNote
Y181000.18105003108410
Y284100.18415003418751
Y387510.18755003759126
Y491260.19135004139539
Y595390.19545004549993

Accounts payableとAdvances -FOB shipping pointは発送時でTitle移動- USCPA

Notes payable -支払手形はMarket rateで現在価値を計算- USCPA

Deferred revenue(前受収益) -Gift certificateは販売時に計上- USCPA

Short-term loan(短期借入金)  -RestructuringのFull settlementは差額をGainかLossで計上- USCPA

Payroll taxes(要は社会保険)  -FICAとUnemployment(失業保険)- USCPA

Escrow accounts liabilityとAsset retirement obligation -資産除去債務には利率をかける- USCPA

Dividends payable -未払配当金はDeclareされなければ未計上- USCPA

Warranty liability -製品保証債務はAccrued liabilityで計上- USCPA

Coupon liability -予測の使用数をAccrued liabilityで計上- USCPA

Compensated absences -社蓄国家日本は消化率が悪い- USCPA

Contingent losses -Unfavorable outcomeがProbableなら計上- USCPA