カエルでもいけそうな英単語 TOEIC500点レベル 品詞別リスト

いけそうだよ!

名詞

人、物、事の名前。

Subject (主語) にも Object (目的語) にも使われる。

そのため、SV 、SVO 、SVC 、SVOO 、SVOC の5つのすべての文型で使われる。S は Subject 、O は Object 。

handle取っ手、ハンドル / 取っ掛かり
wage賃金
climate気候
tunnelトンネル、地下道、坑道
medicine薬 / 医学
origin起源
reputation評判
impression印象
reward報酬
habitくせ
passage荷物
decrease減少
purpose目的、意図 / 決意、効果
appointment予約
inviation招待
crop作物
instruction指示
absence欠席
neighborhood近所
silence静寂
moment瞬間
activity活動
research調査
birth誕生
instrument器具
grade学年
plenty豊富
entry加入
theme主題
journey旅行
professor教授
personality個性
row
youth若さ
force
matter物質
mind
policy方針
answer答え
sense感覚
position位置
condition状態
situation状況
repair修理・修繕
mistake誤り
audience徴収
heat
fee謝礼
customer
bear
role役割
community共同体
decision決定
charge料金
practice練習
health健康
detail取引
amount
measure尺度
organization組織
trade商売
industry産業
quality
opportunity機会
benefit利益
education教育
material材料
rest残り
century世紀
factor要因
space空間
effort努力
source
campaign組織的活動
attention注意
check照合
article記事
knowledge知識
growth発達
manager管理者
contact接触
response応答
feature特徴
opinion意見
choice選択
average平均
method方法
influence影響
skill技量
region地帯
economy経済
weigt重さ
shape
weather天気
statement陳述
nation国家
population人口
respect尊敬
environment環境
image
tax税金
lack欠乏
advantage利点
challenge挑戦
income収入
aim目的
ability能力
relation関係
movement活動
access接近
argument議論
resource資源
bill勘定書
damage損害
direction方向
possibility可能性
secretary秘書
expert専門家
distance距離
fear恐怖
operation手術
task仕事
degree
interview面接
author著者
proof証拠
revolution革命
wheel車輪
delight大喜び
principle原則
content中身
conduct行為
percentage百分率
blood
equipment装備
advice助言
consumer消費者
surface表面
appeal訴え
decade10年間
expression表現
attitude態度
crime犯罪
taste
belief信念
description記述
affair出来事
square正方形
circumstance周囲の事情
tool道具
failure失敗
reality現実
reaction反応
brain
cancerがん
duty義務
length長さ
trend傾向
sum合計
advertisement広告
delivery配達
tradition伝統
kneeひざ
sail
anger怒り
atream流れ
victim犠牲者
device装置
vehicle乗り物
literature文学
accident偶然
spirit
location場所
temperature気温
sight視野
novel小説
pleasure楽しさ
strength
competition競争
disease病気
profit利益
object物体
quarter4分の1
muscle筋肉
furniture家具
naturally当然
symbol象徴
scale規模
progress進歩
suitスーツ
pain苦痛
experiment実験
labor労働
character性格
drug
pollution汚染
landscape風景
volungteerボランティア
fault欠点
passenger乗客
countryside田舎
assistant助手
dozen12個

代名詞

名詞の代わりになれる。

関係代名詞

whichever~するどちらでも / どんなことが~

動詞

Verb 。動作や状態を表す。

SV の V 。SV 、SVO 、SVC 、SVOO 、SVOC 、5つのすべての文型で必要となる。

他動詞と自動詞にわかれる。

他動詞

目的語 (O) を必要とする動詞。目的語 (O) は、名詞か代名詞。

SVO 、SVOO 、SVOC の文型で、V となる動詞。

developを発達させる、を開発する、を啓発する
involveを巻き込む、を含む
reachに達する
projectを計画する
raiseを上げる
explainを説明する
produceを生産する
designを設計する
chooseを選ぶ
describeを描写する
improveを向上させる
claimを要求する
approachに接近する
regardをみなす
limitを制限する
reduceを減らす
realizeに気づく
acceptを受け入れる
mentionに言及する
demandを要求する
compareを比較する
supposeと想像する
containを含む

pressを押す
discussを議論する
prepareの準備をする
attackを攻撃する
manageを経営する
representを代表する
establishを確立する
affectに影響する
attemptを試みる
directを指導する
fitに合う
achieveを成し遂げる
gainを得る
poseにポーズをとらせる / 問題などを持ち出す
attendに出席する
publishを出版する
argueを論じる
recognizeを認識する
instructに教える
instruct O(人) (人)に教える
marryと結婚する
proveを証明する
strikeを打つ
organizeを組織する / を催す、を計画する
connectを結びつける
gatherを集める
hurtに害を与える
matchに匹敵する
exchangeを売る
obtainを獲得する
reflectを反射する
avoidを避ける
debateを議論する
separateを分ける
conductを指揮する / を行う、を処理する

doubtを疑う
earnを稼ぐ
maintainを維持する
protectを守る
encourageを励ます
performを行う
search(場所など)で探す
imagineを想像する
examineを検査する
inviteを招く
announceを発表する
judgeを判断する
fixを取り付ける
stressを強調する
replaceにとって代わる
surveyを調査する
beatを負かす
removeを除去する
preventを妨げる
hangをつるす
countを数える
transportを運ぶ
demonstrateを論証する
decreaseを減らす
arrangeを整える
surroundを囲む
selectを選ぶ
displayを展示する
handleを扱う
deliverを配達する
advertiseを宣伝する
satisfyを満足させる
exciteを興奮させる
guideを案内する
liftを持ち上げる
spreadを広げる
solveを解決する
hideを隠す
refuseを断る
repeatをくりかえす
employを雇う
attractを魅惑する
aidを助ける
wasteを浪費する
hireを雇う
tieを縛る
insistを主張する
mailを郵送する
rejectを断る
calculateを計算する
celebrateを祝う
declareを宣言する
reserveを取っておく
communicateを伝える
chemc

discountを割引する
borrowを借りる
defeatを打ち負かす
disappointを失望させる
excuseを許す
exhibitを展示する
preserveを保護する
repairを修理する
confuseを当惑させる
scareを恐がらせる
oweを負う
forecastを予測する
upsetをひっくり返す
bendを曲げる
pourを注ぐ

仮定法現在を作れる動詞

that S (should) V 、V は動詞の原形

preferのほうを好む、のほうがいい
prefer that S (should) V ~S が Vであることを好む
prefer A to B B より A を好む
recommendを勧める
recommend that S (should) V ~S が Vであることを勧める
recommend doing ~することを勧める
recommend O to do O に~することを勧める
proposeを提案する
propose that S (should) V ~S が Vであることを提案する
propose doing ~することを提案する
propose O to do O に~することを提案する
requireを要求する
require that S (should) V ~S が Vであることを要求する
require doing ~することを要求する
require to do ~することを要求する
demandを要求する
demand that S (should) V ~S が Vであることを要求する
demand O from ~から O を要求する
demand to do ~することを要求する
urgeを駆り立てる、を急がす / に促す / を主張する
urge that S (should) V ~S が Vであることを主張する
urge on を駆り立てる
urge O to do O に~することを促す、勧める
commandを命じる / を指揮する
order that S (should) V ~S が Vすることを命じる
order O to do O に~することを命じる

that 節をとれる動詞

that SV

guessを推測する
guess that SV ~ S が V だと推測する
predictを予想する、を予言する
predict that SV ~ S が V だと予想する
indicateを示す、を指し示す
indicate that SV ~ S が V だと示す
suspectを怪しむ
suspect that SV ~ S が V だと疑う
recallを思い出す
recall that SV ~ S が V であることを思い出す
recall ~ing ~したことを思い出す
decideを決定する、を決心する
decide that SV S が V であることを決定する、決心する
decide to do ~しようと決心する
reflectを反射する / を映す / を表す / をもたらす / を熟考する
reflect that SV S が V であることを熟考する
reflect O in O を~に映す、反映する

O (目的語) のあとに that 節をとれる名詞

O that SV

remindを思い出させる
remind O (人) that SV O (人) に S が V であることを思い出させる
remind O (人) of [名詞] O(人) に [名詞] を思い出させる
renind O (人) to do ~ O(人)に ~することを思い出させる
concernに関係する / を心配させる
concern O (人) that SV O(人)に ~ S が V であることを心配させる
permitを許可する
permit O(人) to do O(人) が~することを許可する
permit ~ing ~することを許す
inviteを招く / を誘う / (意見など)を求める
invite O to do O に~することを要請する / O に~することを誘う
be invited to do どうぞ~してください
encourageを励ます、を促進する
encourage O(人) to do O(人) に~するよう励ます
encourage O(人) in O(人) を~について励ます
supplyを供給する
supply O (人) with 物 人に物を供給する
combineを結びつける
combine O with ~ O を ~ に結びつける
exceptを除く
except O from ~ O を ~ から除く
expressを表現する、を表す
express O to [名詞] O を [名詞] に示す
express oneself 自分の思うことをのべる
dedicateにささげる、に専念する、に奉納する
dedicate O to [名詞] O を [名詞] にささげる
dedicate oneself to [名詞]  [名詞] に専念する
devoteにささげる
devote O to [名詞] O を[名詞]にささげる
devote oneself to [名詞]  [名詞]に専心する
purposeを提案する、を意図する
purpose to do ~することを意図する
purpose ~ing ~することを意図する
rememberを思い出す / を覚えている
remember to do ~ 忘れずに~する
affordに余裕がある / を与える
can afford を買う余裕がある
afford O(人) O(物) (人)に(物)を与える
delayを遅らせる
delay ~ing することを遅らせる
resembleに似ている
resemble in の点で似ている
handleを扱う / に触れる / を取り扱う
tunnelにトンネルを掘る

自動詞

目的語 (O) を必要としない動詞。

SV 、SVC の文型で、V となる動詞。

他動詞のように名詞をとるときは、前置詞が必要となる。

survive生き延びる
flow流れる
range及ぶ
act行動する
arrive着く
occur起こる、発生する
occur at に起こる
depend依存する
treat扱う
reply返事をする
burn燃える
concentrate集中する
escape逃げる
complain不平を言う
consist成る
belong属する
rely信頼する
succeed成功する
recover回復する
disappear消える
retire退く
advance前進する
suffer苦しむ
handle操縦される
compete競争する
rush突進する
differ違う
breathe呼吸する
scream金切り声を上げる
search探す
search for ~を探す
reflect反射する / 熟考する / 影響を及ぼす
reflect on ~をよく考える / に影響をおよぼす
remain残る / ままである
remain at ~にとどまる
tunnelトンネルを掘る
tunnel through [into] にトンネルを掘る

形容詞

名詞を修飾する。Modifier (修飾語) 。

形容詞は、Complement (補語) になれる。(C)

SVC 、SVOC の文型で使われる。

main主要な
wage賃金の
majorより大きい、過半数の / 主要な、大きな
human人間の、人間らしい
vast広大な、巨額の
devoted献身的な、忠実な、熱心な
dedicated献身的な、打ち込んだ
relievedほっとした、安心した
devoted専念して、熱中して
be devoted to [名詞] [名詞] に熱中している
dedicated専念して
be dedicated to [名詞] [名詞] に献じる、を祀る
relievedほっとして、安心して
be relieved at ~に安心して
be relieved to do ~して安心
be relieved that ~なので安心
certainある~
patient我慢強い
standard標準の
current現在の
capable有能な、の才能がある
S is capable of doing ~ する能力をもっている
international国際的な
variousいろいろな
singleただ一つの
common共通の
insteadそのかわりに
complete完全な
official職務上の
personal個人の
recent最近の
commercial商業の
physical身体的な
responsible責任がある
fair公平な
global全世界の
double2倍の
regularいつもの
excellentすばらしい
essential本質的な
subjectに従うべき
be subject to ~ 名詞 (動名詞)  
natural自然の
serious深刻な
worth価値がある
adult大人の
positive肯定的な
normal普通の
huge巨大な
male男性の
previous以前の
basic基礎の
indeed本当に
alone一人で
modern現代の
negative否定の
relative相対的な
medical医学の
flat平らな
correct正しい
aware気づいて
professional職業の
original最初の
female女性の
independent独立した
effective効果的な
equal等しい
environmental環境の
religious宗教の
broad広い
plusプラスの、正の、陽の

suitableふさわしい
industrial産業の
opposite反対側の
tough頑丈な
characteristic特有の
civil市民の
familiarよく知られた
proper適切な
emptyからっぽの
thin薄い
ordinary普通の
ideal理想的な
reasonable道理に合った
unique独特の
tinyとても小さい
nativeその土地の人
mental心の
constant一定の
chemical化学の
thick分厚い
rural田舎の
plain明らかな
upper上の方の
sharp鋭い
enormous莫大な
ancient古代の
scientific科学の
rare珍しい
concerned心配して、関係して
concerned that ~ ~を心配して / as far as A is concerned Aに関する限り
social社会的な
individual個々の
furtherそれ以上の
calm落ち着いた
unusual普通でない
severe厳しい
slightわずかな
grand壮大な
apparent明白な
nearby近くの
honest正直な
tightぴったりした
nervous不安な
awfulひどい
evil邪悪な
loudやかましい
smoothなめらかな
mutual相互の
whicheverどちらの~でも
actual実際の
active活発な
obvious明白な
usualいつもの

副詞

名詞以外を修飾する。Modifier (修飾語) 。

動詞、形容詞、副詞、文全体を修飾できる。

副詞が動詞の頻度や度合いを修飾するときは、

動詞の前に置く。

perhapsおそらく
generally通常、一般的に
eventually最終的に
hardlyほとんど~もない
possiblyことによると
mainly主に
ratherむしろ
would rather むしろ喜んで
closely密接に、詳しく
instantly直ちに、即座に、

副詞が動詞の動作を修飾するときは、

動詞の後ろに置く。動詞が他動詞なら目的語の後ろに置く。

abroad国外で / 広く、広まって
nearbyすぐそばの
throughout至る所 / その間
ahead前方に
apart離れて
eventuallyやっと
earlier(時間的)前に、早く
on purposeわざと、故意に
on purpose to do わざわざ~するために

副詞が形容詞や形容詞句を修飾するときは、

形容詞や形容詞句の前に置く。

originallyもとは、生まれは、はじめは
generally通常、概して
obviously明らかに
extremely非常に
hardlyほとんど~ない、あまり~ない

副詞が文全体を修飾するときは、

カンマで区切って文頭に置く。

perhapsもしかしたら
thereforeそれゆえに
generally大体
obviously明らかに
moreoverそのうえ
possibly多分
after allやはり、結局 / なんといっても

場所や時間を表す副詞。

基本、文末に置く。時間を表す副詞は文頭にも置く。

nearby近くで
immediatelyただちに
after all結局 、やっぱり

前置詞

名詞の

名詞の前に置かれた前置詞は、名詞と一緒になって形容詞のように働ける。Complement (補語) 。形容詞句。

また、名詞と一緒になって副詞のように働くこともできる。動詞、形容詞、副詞、文全体を修飾。副詞句。

しまいには、名詞と一緒になって名詞のように働くこともある。その際には、主語として働く。名詞句。

belowの下方に
throughoutのいたるところで、の間ずっと
despiteにもかかわらず
plusを足して、を加えて
regadingに関して、の点で
concerningに関して
such asたとえば~などの

前置詞なのに、名詞以外を伴えるのもある。

exceptをのぞいて
動詞の原形や to do を伴って ~する以外は
副詞、副詞句、副詞説を伴って ~の場合以外で、~でなければ

なんか、ずるいし

接続詞

つなぐ詞。単語と単語、句と句、文と文をつなぐ。

また、接続詞のあとに、SV~と文を始めることもできる。

exceptであること以外は
except that であること以外は
plusそのうえ
in caseの場合、に備えて