カエルでもなんとかなるTOEIC英単語 600点 必要な勉強時間はどのくらい?

TOEIC 600点。一般的に就職などで考慮されるTOEICの点数は、この600点以上とよく言われている。TOEICの学習をする人からしたら、最初の目標となるべき点数だ。

USCPA (米国公認会計士) を受ける際には、TOEIC800点以上あるとだいぶ楽になると言われているが、TOEIC600点あれば十分合格できる。筆者もTOEIC600点で合格できた。

どんくらい勉強しなきゃいいかわかんないし!

ここで、気になるのは必要な勉強時間。

TOEIC400点レベルの人ならば、

1日3時間の勉強を一ヶ月行えば、十分達成できる。

当然、勉強内容も重要だ。

  • 公式問題集
  • 音読
  • シャドーイング
  • 英単語

この辺りをしっかりやっていれば、600点は自然に到達できる点数だ!

また、USCPA(米国公認会計士) で頻出する英単語も TOEIC でよく出てくるので、USCPA (米国公認会計士) を勉強していると、自然に 600点には到達している。

つまりは、TOEIC 600点は勉強を続けていれば、なんとかなる点数なので、がんばろー!

なんとかなるっしょ!

USCPAの資料請求はこちら

USCPAを目指すならアビタス。

USCPAにかえるはなる!

名詞

人、物、事の名前。

Subject (主語) や Object (目的語) に使われる。

そのため、SV 、SVO 、SVC 、SVOO 、SVOC の5つのすべての文型で使われる。S は Subject 、O は Object 。

まずは、USCPA (米国公認会計士) にもよく出るビジネス絡みの名詞から。

value価値
development発展
force
care心配事
staff職員
matter物質
security防衛
account説明
compromise妥協、和解
behaviorふるまい
growth発達
method方法
credit信用
variety多様性
proposal提案
memory記憶
post郵便ポスト
communication意思疎通
majority大多数
element要素
principle原則
content中身
equipment装備
responsibility責任
direction方向
possibility可能性
complex複合物
feature特徴
article記事
source
check照合
court裁判所
payment支払い
conduct行為
procedure手続き
factor要因
function機能
loss喪失
income収入
solution解決策
relation関係
target
conference会議
application申し込み
client依頼人
strategy戦略
aspect様相
fare運賃
document文書
impact影響
resource資源
argument議論
facility設備
bill勘定書
candidate候補者
distribution配布
damage損害
career経歴
employee従業員
focus焦点
material材料
performance実行
evidence証拠
analysis分析
neighbor隣人
consideration考察
colleague仲間
insurance保険
vehicle乗り物
comparison比較
participant参加者
representative代表
description記述
border境界
outcome成果
definition定義
citizen市民
mission使命
surface表面
intruction紹介
decade10年間
expression表現
attitude態度
crime犯罪
decline傾く
presence出席
experiement実験
suitスーツ
edge
appearance現れること
accommodation適応
symptom兆候
existence存在
exhibition展覧会
salary給料
quantity
suggestion提案
concept概念
technique手法
monitor監視装置
temperature気温
transaction取引
route
average平均
item項目
environment環境
statement陳述
purpose目的
skill技量

basis基礎
competition競争
degree
property財産
experience経験
reason理由
term期間
product製品
necessity必要
merchant商人
practice練習
detail細部
relationship関係
opportunity機会
industry産業
benefit利益
customer
decision決定
character性格
treatment治療
agreement協定
advantage利点
option選択権
license許可
selection選択
opposition反対
recommendation推薦
protection保護
fee謝礼
circumstance周囲の事情
reality現実
reaction反応
length長さ
trend傾向
consequence結果
adevertisement広告
threat脅迫
delivery配達

book
state状態、州
order命令
issue問題
privacyプライバシー
invention発明
receipt領収書

飽きてきたし!他のないの?

ビジネス以外の名詞も

ceremony儀式
stomach
pride自尊心
humor滑稽
trick策略
shelter避難所
violence暴力
atmosphere雰囲気
row
chart図表
critic批評家
neighborhood近所
gene遺伝子
childhood子供時代
victim犠牲者
researcher研究者
confidence自信
geography地理
memorial記念碑
dentist歯科医
scenery風景
quarrelけんか
flour小麦粉
popularity人気
ingredient成分
tribe部族
wisdom知恵
flood洪水
throatのど
discovery発見
slave奴隷
survival生存
laboratory研究所
custom慣習
species
passion情熱
fotune
jewelry宝飾品
harmony調和
biology生物学
grocery食料雑貨店
sword
ancestor先祖
headache頭痛
sweat
courage勇気
treasure財宝
transportation輸送
tongue
liquid液体
admission入場
hobby趣味
agriculture農業
cattle
instant瞬間
reservation予約
anniversary記念日
graduation卒業
wallet財布
aisle通路
dormitory
baggage手荷物
napうたたね
legend伝説
harvest収穫
poison
mudどろ

動詞

Verb 。動作や状態を表す。

SV の V 。SV 、SVO 、SVC 、SVOO 、SVOC 、5つのすべての文型で必要となる。

他動詞と自動詞にわかれる。

他動詞

目的語 (O) を必要とする動詞。目的語 (O) は、名詞か代名詞。

SVO 、SVOO 、SVOC の文型で、V となる動詞。

consultに相談する
overcomeに打ち勝つ
wrapを巻きつける
harmを害する
lendを貸す
translateを翻訳する
regretを後悔する
organizeを組織する
supplyを供給する
operateを操作する
associateを連想する と関連させる
associate A with B A を B と関連させる
recognizeを認識する
proveを証明する
releaseを解放する
quitをやめる
decorateを飾る
recycleを再利用する
punishを罰する
supportを支える
costを要する
ableをできる
shareを共有する
considerを熟考する
concernに関係する / を心配させる
concern A (人) that SV
continueを続ける
allowを許可する
causeを引き起こす
requireを要求する
createを創造する
involveを含む
describeを描写する
robを奪い取る
obeyに従う
postponeを延期する
fixを取り付ける
surveyを調査する
replaceにとって代わる
transferを移す
removeを除去する
contrastと対比する
displayを展示する
revealを明らかにする
intendを意図する
deliverを配達する
letにさせる
includeを含む
provideを提供する
separateを分ける
earnを稼ぐ
maintainを維持する
performを行う
encourageを励ます
extendを拡張する
estimateを見積もる
observeを観察する
recommendを勧める
advertiseを宣伝する
launchを進水させる
adoptを採用する
surroundを囲む
decreaseを減らす
improveを向上させる
approachに接近する
raiseを上げる
reduceを減らす
realizeに気づく
mentionに言及する
demandを要求する
applyを適用する
relateを関連付ける
supposeと想像する
representを代表する
affectに影響する
establishを確立する
stuffに詰め物をする
purchaseを購入する
manageを経営する
contractを契約をする
determineを決心する
achieveを成し遂げる
gainを得る
attendに出席する
identifyを見分ける
argueを論じる
injureを傷つける
cancelを取り消す
inventを発明する
chaseを追いかける
biteをかじる
avoidを避ける
assumeと信じる
matchに匹敵する
debateを議論する
gatherを集める
divideを分割する
expandを拡大する
commitを犯す
acquireを得る
concludeと結論を下す
attractを魅惑する
manufactureを製造する
promoteを促進する
enableを可能にする
enable O to do ~ O に~をできるようにさせる
delayを遅らせる
reserveを取っておく
banを禁止する
illustrateを説明する
accuseを非難する
calculateを計算する
arrangeを整える
spreadを広げる
varyを変える
generateを発生させる
convinceを確信させる
recallを思い出す
permitを許可する
predictを予言する
guaranteeを保証する
analyzeを分析する
opposeに反対する
locateを置く
packを荷造りする
ignoreを無視する
investigateを調査する
exploreを探検する
hireを雇う
threatenを脅かす
constructを組み立てる
blameを非難する
accompanyに同行する
botherを悩ます
exposeをさらす

自動詞

目的語 (O) を必要としない動詞。

SV 、SVC の文型で、V となる動詞。

他動詞のように名詞をとるときは、前置詞が必要となる。

poseポーズをとる
hurry急ぐ
coughせきをする
float浮かぶ
barkほえる
melt溶ける
hurry急ぐ
participate参加する
compete競争する
rely信頼する
succeed成功する
complain不平を言う
remain残る
appear現れる
lie横たわる
advance前進する
treat扱う
struggle奮闘する
conflict矛盾する
survive生き延びる
contribute貢献する

形容詞

名詞を修飾する。Modifier (修飾語) 。

形容詞は、Complement (補語) になれる。(C)

SVC 、SVOC の文型で使われる。

male男性の
female女性の
legal法律の
appropriate適切な
additional追加の
traditional伝統的な
effective効果的な
federal連邦政府の
annual一年の
medical医学の
relative相対的な
temporary一時的な
regional地方の
attractive魅力のある
commercial商業の
entire全体の
essential本質的な
critical重大な
alternative二者択一の
correct正しい
cheap安価な
regularいつもの
initial最初の
individual個々の
general一般の
near近くに
certainある
particular特有の
potential潜在的な
serious深刻な
worth価値がある
positive肯定的な
financial財政の
economic経済の
current現在の
complete完全な
characteristic特有の
obvious明白な
principal主要な
technical技術的な
proper適切な
secure安全な
typical典型的な
suitableふさわしい
specific明確な
modern現代の
similar似ている
firm堅い
significant重要な
private個人的な
electric電気の
violent乱暴な
pale青ざめた
wooden木製の
convenient便利な
strict厳しい
intelligent知能の高い
bitter苦い
painful苦しい
generous気前がいい
precious貴重な
lonelyさみしい
uncomfortable落ち着かない
solar太陽の
downstairs階下に
awake目が覚めて
ugly醜い
peculiar特有の
sore痛い
sourすっぱい
uncommon普通でない
inconvenient不便な
last最後の
practical実践的な
electronic電子的な
mental心の
stupid愚かな
visual視覚の
confident確信して
blind盲目の
pure純粋な
fantastic空想的な
rapid急速な
accurate正確な
ordinary普通の
ancient古代の
rough粗い
exact正確な
wealthy裕福な
visible目に見える
consistent首尾一貫した
criminal犯罪の
upstairs2階へ
precise正確な
asleep眠って
raw生の

副詞

名詞以外を修飾する。Modifier (修飾語) 。

動詞、形容詞、副詞、文全体を修飾できる。

副詞が動詞の頻度や度合いを修飾するときは、

動詞の前に置く。

hardlyほとんど~ない
nearlyほとんど
never決して~ない
largely大きく、大規模に、大量に
increasinglyますます
frequentlyよく、頻繁に
eventuallyやっと、最終的に、結局は
luckily都合よく、幸いにも
completely完全に、徹底的に
particularly特に
especially特に

副詞が動詞の動作を修飾するときは、

動詞の後ろに置く。動詞が他動詞なら目的語の後ろに置く。

relatively相対的に
apparently明らかに
properly適切に
exactly正確に
certainly確実に
especially特に
insteadそのかわりに
neither~も~もない
downstairs階下に

副詞が形容詞や形容詞句を修飾するときは、

形容詞や形容詞句の前に置く。

usuallyいつもは、平常は
surprisingly意外と、驚くほど
especially特に
exactlyまさに
currently現在は、今は、
relativelyわりと、なかなか、相対的に
largely高度に、大きく、主に
increasinglyますます、だんだん
approximatelyおおよそ、ほぼ、約
completelyまったく
particularly特に
certainlyたしかに
neither~も~もない

副詞が文全体を修飾するときは、

カンマで区切って文頭に置く。

apparently見たところでは
luckily幸い
fortunately幸いにも
surprisinglyなんと、驚いたことに
neverthelessそれにもかかわらず

ly ly ly ばっかねえ

接続詞

つなぐ詞。単語と単語、句と句、文と文をつなぐ。

また、接続詞のあとに、SV~と文を始めることもできる。

thoughにもかかわらず

助動詞

動詞を補助する。動詞や文書全体の意味を変化させる。

wouldよく~した