Subsequent events -Balance sheet date で Exist していたか- USCPA

Subsequent events 、後発事象。締め日からFinancial statementの発行日までに起こった Event が Subsequent events となる。

Subsequent events は2種類のタイプに分けられる。それによって処理が異なる。

  • Balance sheet date で Exist していた Subsequent events
  • Balance sheet date で Exist していなかった Subsequent event

Balance sheet date で Exist していた Subsequent events

Event の原因が Balance sheet date の時点 (期中) ですでに発生しており、Recognize (認識) されていた Subsequent event

このタイプの Subsequent events は、Financial statement にて Recognize しなければならない。

Financial statements を Adjustment して、Footnote に Discloseする。

このタイプの Subsequent events の例として以下のようなものがある。

  • Settlement(和解金)
  • Product recall
  • Bankruptcy (倒産)

など。

Recognized subsequent events の Loss

Recognized subsequent events での Loss は Current financial statements で Recognize 。

Recognized subsequent events の Gain

Recognized subsequent events の Gain は Realize されるまで Financial statements で Recognize しない。

たとえば、

Fiscal year ending December 31, year 1 の Entity で、

December 31, year 1 から Financial statements の Issue の間に

Product defect の Information を Receive した。

この Defect による Product recall によって Warranty expense が $10,000 expect される。

この場合、

Subsequent events の原因である Product defect はすでに期中に発生しているので

Issue 前の Financial statements に Recognize

Financial statements を Adjust し、Warranty liability $10,000 を Recognize 。

Balance sheet date で Exist していなかった Subsequent event

Event が締め後に突然発生して Recognization ができていなかった もの。

Financial statement を adjustment せず、FootnoteDisclose のみ。

  • Casualty loss(災害損失)
  • Sell component(事業売却)
  • Issue stock(増資)

など。