Understanding of internal auditor -内部監査人はObjectivityとCompetence

Internal auditor

Internal auditor(内部監査人)。Planning で決定する Factors のひとつ。

Auditor (External auditor) は Audit procedures において、Internal auditor の Direct な Assistance を受けることができる。そのため、Internal auditor の Work が、Audit procedures の Nature 、Timing 、Extent の決定に影響をあたえる。

Auditor は Planning で、Internal auditor の Understanding を Obtain して、Assess しなければならない。

Assessment

External auditor は Internal auditor の Work を利用するために、以下について評価する必要がある。

  • Competence
  • Objectivity
  • Systematic and disciplined approach 


評価に必要な Information は以下から手に入れる。

  • Management personnel との Discussions
  • Internal auditor’s activities の External quality reviews 
  • Internal auditor の Previous experience

Competence

Internal auditor の能力。Assessment の Information は次から手に入る。

  • Professional certifications
  • Professional experience
  • Consistency
  • Appropriateness
  • Quality
  • Personal management
  • Compliance
Professional certifications

Certifications や Educational background 。Management に Qualification について Inquiry。

Consistency

Internal audit reports と Work performed の Results との Consistency

Appropriateness

Internal audit conclusions の Appropriateness

Quality

Internal auditor の Working paper の Quality

Personal management

Internal auditor への Hiring 、Training 、Supervising

Compliance

Internal auditor による Professional internal auditing standards の Compliance

Objectivity

Objectivity(客観性) を評価するさいには、The Institute of Internal Auditors(内部監査人協会)の Standard を参考にする。

そして、以下の Information をえる。

  • Integrity and ethical values
  • Influence of management
  • Report
  • Organizational status
  • Policies
Integrity and ethical values

Internal audit function が Integrity and ethical values にどのように Commitment しているか。

Influence of management

Internal auditor function の Duty について Management の Influence がどれくらいあるか。

Report

Internal audit function が Report する先の Organizational level。また、Internal auditor’s report の Recommendation には Review を実施。

Organizational status

Internal audit function の Director の Organizational status 。Director の Employment Decisions が Audit committee に Review されているか Consider する。

Policies

Internal auditor が Audit area や Matter への関与を Prohibit した Policies

Systematic and disciplined approach

Internal audit function が  Systematic and disciplined approach を Apply しているか。

Internal audit manual は以下の Areas について Guidance を Provide している。

  • Risk assessments
  • Work programs
  • Documentation
  • Reporting

また、Appropriate な Quality control policies and procedures を Apply して、Systematic and disciplined approach を Demonstrate することもできる。

Acknowledgement

Internal auditor の Assist を受ける前に、以下のような書面による Acknowledgement を Client からもらうときもある。

  • Internal auditors は External auditor の Instructions に Follow
  • Client は Internal auditors の Work を Intervene(じゃま) しない。
  • Internal auditors の Objectivity の Threats を Evaluate し、必要な Safeguards を Apply

Responsibility

External auditor の Responsibility を、Internal auditor と Share することはない。Share すると、External auditor の Independency が崩れてしまう。

Internal auditor の助けを借りても、External auditor はサボらず Sufficiently に、Audit に Involve(従事)しなければならない。

Effect of internal auditor’s work

Internal auditor が Competent で Objective であり、Systematic and disciplined approach を apply しているならば、Internal auditor の Work を使用できる。

External auditor が実施する以下の Audit procedures のたすけになる。

  • Obtaining an understanding of the entity’s internal control
  • Assessing risk of material misstatement
  • Substantive procedures

Internal auditor’s work の Effect の Extent (度合い) を Judge するさいには、以下を考慮する。

  • Materiality
  • Risk of material misstatements
  • Evidence の Evaluate にかかわる Degree of subjectivity

つまり、Less material で Low risk な Assertion 、もしくは Low degree of subjectivity な Assertion では、External auditor の Direct testing なしで Internal auditor’s work を使用できる。

たとえば

  • Existence of cash
  • Prepaid assets
  • Fixed asset additions

逆に、Material で High risk な Assertion 、もしくは High degree of subjectivity な Assertion では、External auditor の Direct testing なしでは Internal auditor’s work を使用できない。

たとえば

  • Calculation of materiality
  • Assessment of control risk and inherent risk
  • Significant accounting estimates にかかわる Assets や Liability の Valuation
  • Related party transaction の Existence と Disclosure
  • Contingencies の Existence と Disclosure
  • Uncertainties の Existence と Disclosure
  • Subsequent events の Existence と Disclosure

Direct assistance

Audit において、Internal auditor が Competent で Objective であるならば、External auditor は Internal auditor から Direct な Assistance を受けることができる。

その際には、External auditor は Internal auditor が Perform した Work について Supervise 、Review 、Evaluate 、Test をしなければならない。

また、Internal auditor の Working paper を Documentation する。

Internal auditor の Direct assistance は、以下において行われる。

  • Obtaining an understanding of internal control
  • Tests of controls
  • Substantive tests

ただし、Decision-making responsibility に関与しない Task に Delegate させる。Valuation のような Subjectivity(主観性)が関与するものは避ける。

Reporting

Internal auditor は、Audit committee に Report するべきであって、Controller に Report するべきではない。

もし、Internal auditor が Controller に Report していた場合、Internal auditor の Work への Reliance は Limit となる。Evidence の Obtaining で Internal auditor の Work を使うのはさける。

Overall audit strategy – Objective Scope Timing