Comparative financial statements -Predecessor auditorにReportの再発行を依頼- USCPA

Comparative financial statements

 比較財務諸表。複数年分の財務諸表がまとめられている。Comparative financial statements の Audit について。

 

○Audit report
 Comparative financial statements に対して、ひとつの Audit report を Issue する。

 また、Audit report には、対象の複数年を記載する。

We have audited the accompanying financial statements of XXX, whici comprise the balance sheets as of December 31, xxx2 and xxx1, …


・Date
Audit report の日付は、最後の Fieldwork の実施日となる。

・Test basis
Evidence の Examination が Test basis によることを記す。

・Consistency
Accounting principles の Consistency については、問題があった時だけ記す。

・Different opinon
各年度が同じ Opinion ではなく異なる Opinion の Comparative financial statements では、状況にあわせて Audit report の Paragraph を修正する。

  ☆ xxx1 は Unmodified opinion 、xxx2は  Qualified opinion 

○Updated opinion
 Prior year の Financial statement を Restate して Opinion を変更した場合、Audit reort には Other matter paragraph を追加して、その旨を記載する。

 たとえば、Prior year の Comparative financial statements, xxx2 and xxx1 のうち、 xxx2が GAAPからの Departure のため Qualified opinion か Adverse opinion だったとする。

 その後、GAAPからの Departure を修正し Financial statement xxx2 を Restate したならば、Unmodified opinion への Updated opinion を行い、Audit report に Other matter paragraph を追加して、以下を記載する。

・Prior year の Report の Date
・Prior year の Audit opinion の Type
・Opinion を Update する Reason
・Modification
・Updated opinion

○Unaudited
 Unaudited な Prior period の Financial statements との Comparative financial statements では、

・Unaudited financial statements に Unaudited と Mark

・Audit report の Separate paragraph にて Financial statements を Identify

○SEC
 SECに File する Document における Unaudited な Financial statement では、Unaudited の Mark はすれども Audit report での Refer はしない。

 

◎Predecessor auditor
 Prior year と Current year の Auditor が異なるケースがある。この場合の Comparative financial statements の Audit では、Client が Prior year の Auditor である Predecessor auditor に、Audit report を Reissue するよう依頼する。

○Predecessor auditor の Audt report が Presented
 Predecessor auditor が Audit report を Reissue したケース。

○Predecessor auditor ‘s procedures
 Audit report の Reissue の依頼を受けた Predecessor auditor は、以下の Procedures を実施し、Prior year の Opinion が Appropriate であるか確認する。

・Current の Financial statements を Read
・Prior の Financial statements と、Subsequent の Financial statements を Compare
・Current の Auditor(Successor auditor)から Representation letter を Obtain
・Former client’s management から Representation letter を Obtain

 Former client’s management からの Representation letter には、Prior の Financial statements について、その後 Disclosure や Modification を要すると Management が判断する Information が記載される。

 また、Prior の Financial statements を Modify するような Subsequent event が発生していたら記載される。

  ☆Prior の Management representation letter と Compare することはない

・Audit report
Predecessor auditor が Audit report を Reissue する際の留意点。

・修正なしの Audit report ならば、Original の Report dateで Reissue

・修正ありの Audit report ならば、Dual date で Reissue

・Successor auditor については、No reference

○Predecessor auditor の Audt report が Not presented
 Predecessor auditor が Audit report を何らかの理由で Reissue できない場合、Successor auditor が Audit report の Update を行う。

  ☆Prior year の Opinion の Type に限らず実施

  ☆Prior year の Opinion の Restate に限らず実施

 Update した Audit report には、Other matter paragraph にて、Prior year の Audit について以下の記述を加える。

・Prior year の Financial statement は、Predecessor auditor が Audit
・Prior year の Audit opinion の Type
・Prior year の Opinion の Reason
・Prior year の Emphasis of matter paragraph や Other mattter paragraph に記載されていた内容
・Predecessor auditor の Report の date。

  ☆Predecessor auditor の名前はいらない

  ☆わざわざ Additional auditing procedures を Perform していない旨は記載しない。