Consistency -Accounting principlesのChangeはMaterialか- USCPA

Consistency

 一貫性。Unmodified opinion の Emphasis of matter paragraph にて、GAASが言及するように要求している Matter のひとつ。

 前年からの Change による今年の Financial statements への影響を評価する。

○Accounting principles
 GAAPは Accounting principles の適用に Consistency をもとめている。そのため、Unmodified opinion の Express は Implicitly に Accounting principles に Consistency があることを示していることになる。

  ☆Financial statement の Note で Accounting principle の Change の Detail が記載される。

 Auditor は、Accounting principles の Change を把握したとき、  Financial statement への影響の評価を行う。

 影響が Material であるとしたならば、以下の条件を鑑みる。条件をすべて満たしていれば、Emphasis of matter paragraph において、Financial statement の Note に Refer することで、Unmodified opinion を Express できる。

・Change した Accounting principle が Applicable financial reporting framework に準拠
・Change の影響を受ける Accounting methods が Applicable financial reporting framework に準拠
・Change の Disclosures が Appropriate で Adequate
・Change した Accounting principle が Preferable であると Entity が Justify

 ひとつでも満たすことができなければ Departure from GAAP となり、Unmodified opinion を Express できない。Qualified opinion か Adverse opinion となる。その Opinion の範囲は、Change が Reflect した Each year となる。「

 Long-term construction contracts の Method の変更のような累積的影響を及ぼすものは、過去に遡って修正しなければならず、修正されていなければ Qualified opinion か Adverse opinion となる。

  ☆Subsidiary(子会社) との Accounting principle の相違は問題なし

 Financial statement への影響が Immaterial であると評価したならば、特に Change について Refer する必要はない。Standard な Unmodified opinion を Express できる。

○Change in reporting entity
 報告事業単位の変更である Change in reporting entity は、Emphasis of matter paragraph で Refer する。

・Entity の Change
・Subsidiary の Consolidating の Change

 Subsidiary の Consolidating を Equity basis の Carrying に Change したときなどは、Change in reporting entity に該当する。

○Correction of a material misstatement
 Previously issued financial statements に含まれていた Material misstatements の Correction(修正)によって、Financial statements が Restate されたとき、Emphasis of matter paragraph で言及する。

 以下が記される。

・Correction of a material misstatement による Previously issued financial statements の Restated
・Correction of a material misstatement の Entity’s disclosure への Reference

  ☆Disclosure が Inadequacy ならば Opinion を Modification

○Change in estimate
 会計上の見積もりの変更である Change in estimate は、Consistency について Refer する必要がない。

・Depreciation expense の計算方法の Change
・Asset の Salvage value の Change

 ただし、Estimate が Accounting principle と Inseparable なものは、Emphasis of matter paragraph で Refer する。

○Change in classification
 Statement の Format の変更である Change in classification は、Consistency について Refer する必要がない。

・Consolidated subsidiary の Division を Two subsidiaries に Classification

 ただし、Classfication の Change が Change in accounting principle や Correction of a material misstatement を Represent していたら Emphasis of matter paragraph で Referする。

 
 また、Cash flows statements での Presentation の Change は、Emphasis of matter paragraph で Referする。

Cash flows statemetns において、ある科目を Operating category から Financial category に Reclassification

 Change in entity による Change in classification の場合は、Auditor はさらなる Understanding をえて、Emphasis of matter paragraph で Refer するべきか決定する。

◎PCAOB
 PCAOBの Consistency のあつかい。PCAOBの Audit report で記す Consistency に関連する Issues は、主に Change in accounting principles と Correction of a material misstatement。

○Change in accounting principles
 4つの Criteria を使って Evaluate。

新しい Adopted principle が GAAP
Change の Method of accounting が GAAP に準拠
Change に関連する Disclosures が Adequate
Alternative accounting principle が Preferable であることを Company が Justified

 上記4つの Criteria に一致する Change ならば、Inconsistency として Audit report に Explanatory paragraph をつけて書き記す。

 一致しなかったら、GAAP depature として Audit report を Modify。

・Change in the Reporting Entity
 Transaction や Event による Change in the reporting entity は Audit report で Recognize しない。
 Transaction や Event によらない Change in the reporting entity は Audit report で Recognize。


・Change in estimates
 Audit report で Refer しない。Change in the reporting entity の影響による Change in estimates は Auditor が Evaluateして Report。


○Correction of a material misstatement

 Previously issued financial statements の Correction of a material misstatements は、Audit report の Explanatory paragrah にて Recognize。

 Previously issued financial statements の Restatement は Disclosure。Auditor が Disclosure を Evaluate。

○Change in classification
 Report による Refer は Require されていない。Material な Reclassification が確認されたときは、Change in accounting principle や Correction of a material misstatement によるものか Evaluate。