Basis の算定 1 Purchased property -Real estate tax には Back tax あり- USCPA

Basis 、投資基準額。Transaction において、Taxpayer が Property に投じた金額とされる。

Recovery of capital doctrine (資本不課税の原則) では、Transaction で Receive した Amount のち、Property を手に入れるために投資した Capital (資本) は不課税、としている。

つまり、Property の Transaction で Receive した Amount のうち、Basis は課税対象外の金額を示している。

Property の Transaction では、Amount realized から Basis をひくと、Realized gain or loss となる。そのうち Recognize された Gain に Tax がかせられる。

Basis = Acquired cost + Expense connected

Basis の算定

Property の Basis は、さまざまな算定のルールがある。

・Purchased property の Basis
・Gift でえた Property の Basis
Decedent よりえた Property の Basis
・Stock dividend でえた Stock の Basis

Purchased property の Basis

Property を Purchase で取得したときの Buyer の Property’s basis について。

Buyer が購入した Proper’s basis は

 Acquired cost

となる。

また、Expense connected (関連費用) も Basis に加える。

Basis = Acquired cost + Expense connected 

Expense connected

関連費用。Basis に Include させる Expense 。

例として、

 ・Sales tax
 ・Freight charge
 ・Installation fee
 ・Testing fee
 ・Recording fee
 ・Title insurance premium
 ・Real estate tax

たとえば、

Freight charge … $500
Title insurance premium … $300
Acquired cost … $10,000

ならば、Acquired cost $10,000 と Expense connected $500 + $300 をたして、
Basis は、$10,800

・Real estate tax
固定資産税。Real estate tax の納付日と Transaction date の違いから、Seller の Back tax (未納税) が発生していることがある。

この Back tax を Buyer が負担する場合があり、そのときには Basis に Expense connected として Include 。

Liability

Liability がついた Property を取得したときの Basis について。

Buyer が Seller から Mortgage (抵当) つきの Property を Purchase したら、Seller の Mortgage も引き受けることになる。

この Property についた Mortgage (Liability) は、

Basis に Include

たとえば、

Freight charge … $500
Title insurance premium … $300
Acquired cost … $10,000
Mortgage … $5,000

ならば、Basis は、$15,800