Review -Material modificationsがないというLimited assurance- USCPA

Review

 Client の Financial statements に Material modifications(重要な修正)がないという、Limited assurance(限定的保証)を与えるサービス。Audit の Reasonable assurance より弱めの Assurance(保証)であり、Opinion を Express することはしない。

  ☆Financial statements が Fairly presented されていることの Limited assurance ではない

  ☆Attestation engagement のひとつであり、Assurance engagement でもある。

 Review を実施する対象は Financial statements 全体の他に、Balance sheet のみ、または Income statement のみ、といった単体の Statement への実施も可能。

 また、Interim financial information(中間財務諸表)にも Review は行われる。

○Standards
 Review で準拠する Standards は、Client が上場していれば PCAOB Attestation standards に基づく。Non-issuer (非上場会社)に対する Review は、SSARSに基づく。

 SSARS は、Accounting and Review Services Committee(ARSC)によって発行され、AICPA Professional Standards では、AR-Cのコードが付与されている。

 決算時に Audit を実施するときの、Non-issuer の Interim financial information への Review では、SAS(GAAS) に基づいて Review を実施する。

○Relationship
 Review における3つの Relationship

・Responsible party (management)
・Intended users
・An accountant

○Requirements
  Review の必須要件。Limited assurance を与えるので Compilation よりは求められることが多い。

・Determine independence
・Agree engagement
・Obtain an understanding
・Review procedures
・Other procedures
・Representation letter
・Communication
・Documentation

・Determine independence
 Audit と同様に Review では、CPAに Independence(独立性)が求められる。

・Agree engagement
 Compilation と同様に、Engagement のために、CPAは Mangement と Understanding を Establish する。

 Agreement は Oral口頭)ではなく、必ず Engagement letter を取り交わす。

 以下を Establish して Engagement terms に含める。

 ・Engagement の Objective
 ・Management と Accountant の Responsibility
 ・Engagement の Limitations
 ・Applicable financial reporting framework の Identification
 ・Review report の Expected form

 Review が、主に Inquiry と Analytical procedure で実施されることを記す。

 Error、Fraud、Illegal acts を発見したら Appropriate level の Management に Report することを記載する。Error、Fraud、Illegal acts を Disclose することが目的でないことも記載する。

 ただし、Legal authorities に Report するError、Fraud、Illegal acts は記さない。

・Obtain an understanding
 Client の Business と Industry について理解する。Client があつかう Products や Services、Entity の Organization などの Understanding を Obtain する。

 Asset、Liability、Profit、Cost の Characteristics も含む。

 また、Industry の Accounting principle と Accounting practices の Knowledge をえる。

 Non-issuer の Entity は SSARS に準ずるので Internal control の Understanding は必要ない。しかし、PCAOBやGAASに基づき Review を実施するのであれば理解しなければならない

・Review proceduresAnalytical procedures と Inquiry。Inquiry に対する Management の Response には Corroborate する必要はない。ただ、Reasonableness と Consistency を Consider
 

・Other procedures

・Read the Financial statements

 Financial statements を読んでGAAP 関連の誤りがないかチェックする。Financial statements は、Appropriate な Form で作成されなければならない。F/Bの各ページに”See accountant’s review report’ と印字する。これにより Audit と区別できる。

・Related party report
 Client の Subsidiaries や Investee の、 Audit report や Review report を、担当した CPAから入手する。Related party と Communicate はしない。

・Representation letter
 Review の実施には Representation letter が必要。Management が Representation letter を発行しなければ Withdraw する。Representation letter がなければ、Audit もできない。Compilation しか受けてはいけない。

・Communication
 Review の間に、Fraud や Illegal act に気付いたら、Appropriate level of management(適切な管理者)に Communicate する。

 Fraud や Illegal act が Senior management や Board of directors などにより行われていたら、Legal counsel への相談や、Withdraw を Consider する。

・Documentation
 実施した Procedures や Evidence は Documentation する。

○No requirements
 Audit では必須だったけれど、Review では要求されないこと。

・Internal control の Understanding(GAASに基づくなら実施)
・Risk assessment
・Lawyer への Letter 送付

○Material departures
 重大な GAAS や SSARS からの Departures が発覚し、その修正を Management に拒否されたら review report に Separate paragraph を付け加えて記載する。それでもその Report が Inadequate(不十分)なら Engagement を Withdraw する。

○Materiality
 Audit と同様に、User の Economic decisions に影響を与える Reasonably な Amount を設定する。Audit の Materiality と同じ Amount になる可能性が高く、Individual misstatements と Overall の Financial statements の Aggregate sense に Consider される。

 

○Report
 Accounting principles が変更されていても、Adequate に Disclose されていたら Report を Modify する必要はない。

○Subsequently discovered fact
 
Report の Release date 前に、Subsequently discovered fact が Identify され、Management が Financial statements を Identify した場合、

→ その Revision に Review procedures を Perform
→ Review report の Date を Change 、もしくは Dual date

○Supplementary information
 Basic な Financial information の Outside に Present された Information 。Financial information の Fairly presented には Necessary ではない。

 この Supplementary information が Reviewed financial statements に Accompany していることがある。

・Reporting responsibility
 Supplementary information についての Responsibility を Indicate

→ Report に Other matter paragraph を Add して Indicate
→ Supplementary inforamtion の Separate report を Issue して Indicate 
 

◎Review procedures
 Inquiry と Analytical procedure によって行われる。単体の Statement だけ Review する場合
でも、Inquiry と Analytical procedure の Scope は制限されない。

 Audit procedure である Test of control や Substantive test は行われないので、Examination、Confirmation、Recalculation などは実施されない。

・Inquiry
・Analytical procedure

○Inquiry
 Management や Employee に対する聞き取り。以下に関する質問を行う。

・Conformity with GAAP
・Accounting principal and accounting practices
・Subsequent event
・Uncorrected misstatements
・Fraud
・Unusual situations
・Related party transactions
・Regulatory agencies
・Significant journal entries and other adjustment

  ☆Related party との Communication は含まれない。

 Management からえた Information が Incorrect ならば、それによる Financial statements への Effect を確かめる。

 通常、Inquiry に対する Management の Response を Corroborate することは Require されていない。しかし、Response の Consistency と Reasonableness については Consider する。

○Analytical procedure
 Review では、Analytical procedures(分析的手法)がとられる。前期と今期、予算と実績などを比較する。Financial data のみならず、Financial information と関連する Non-financial information の比較も行う。また、同じ業界内の競合他社の Ratio や Indication も比較することがある。