Activity-Based Costing -Cost driver

Activity-Based Costing

活動基準原価計算、ABC system。Overhead(間接費) の Cost allocation を Activity ごとに行う。 

Traditional costing system では、Overhead を DMLK(Direct manufacturing labor hours、直接作業時間)や Direct labor cost(直接労務費)などに基づいて Allocate していた。

しかし、それは本来の Cost の性質と異なった Allocation を実施していることもあった。Single product の製造や Direct cost(直接費)の割合が大きい Product の製造では問題にならなくても、Heterogeneous(異質の)Products の製造では、収益性が実態と異なってしまうこともある。

そこで、Activity-Based Costing(ABC)では、実態に沿うべく Overhead の Allocation basis を Activity によって行う。

POINT

・Cost driver で Allocation


・Non-value-adding acitivities を Identify して Deduce


・Activity -Based costing は Heterogeneous の Resource の Products に向いている。

Principles

Activity-Based Costing の2つの原則

  • Products or services は Activity を Require
  • Activity は Resource を Consume 

Circumstances

Activity-Based Costing に適しているのは、Heterogeneously(不均一)に Resource を Consume している Products を Produce している Manufacturer。

Single product を Produce している Manufacturer には適していない。

Homogeneous(同質の)Resource から成る異なる Products を製造しているなら、Process costing が向いている。 
 

Non-Value-Added Cost

Production にかかる Cost であるが、Consumer の観点からは Value を Enhance しているとはみなされない Cost。Minimize するべき。

  • Moving cost
  • Handling cost
  • Storing cost

Advantage

他の Costing より Overhead の配賦を実態にあわせて行うことができる

Activity-Based Costing では、Non-Value-Added cost を Identify し Eliminate することで、Cost reduction を Accomplish できる。

Disadvantage

Activity-Based Costing では、Multiple cause(複数の要因) と Effect relationships(因果関係) を探り、それぞれの Activity の Cost を把握して計算する。

Traditional cost system と異なり、Cost pool(原価集計単位)は Department ではなく Activity となる。そのため、Cost pool の数が増える。

また、Allocation base の数も Traditional cost system と異なり増える。

以上のことにより、Activity-Based Costing は、Traditional cost system より時間と金がかかる。

Conjunction

ABC は Process costing や Job order costing と併用できる。

Cost driver

Activity based costing の Allocation base(配賦基準)。Cost driver を Identify して Non-value-adding activities の消去を試みる。

原則は Multiple cause(複数の要因) と Effect relationships(因果関係) 。たとえば Activity の発生回数や操業度などが使用される。

Example

  • Material handling costs ー Number of components per completed unit
  • Distribution costs ー Number of shipments
  • Customer service costs ー Number of customers

Cost pool

Cost を集計する単位。Traditional costing では Departmentごとに Cots を集計することが多いが、Activity based costing では、Activity ごとに Cost pool が作られ、Cost を集計する。

Setup cost

セットアップ費、準備費用、設置費用、段取費用。Specific な Individual good にかかるのではなく、Goods の Batch にかかる Batch-level cost。Non-value added cost とみなされる。