Standard costing(標準原価計算)の Direct material variance

Standard costing

標準原価計算。Budget 作成時に、目標となる Standard cost(標準原価)を設定し、Actual results との Variance を Analysis(分析)する Cost accounting を Standard costing という。

Standard cost は Attainable な数値を設定する。

有利な差異は Favorable variance であり、不利な差異は Unfavorable variance となる。これらのVariance は Cost of goods と Inventory に按分して計上される。

とりあえず余計な計算をせずに Standard cost を使えるので速い。ただ精度が悪いと Variance が過大になってしまう。

Job order costing や Process costing と併せて使うことができる。

Standard cost と Variable analysis では、計算が以下の Cost ごとに行われる。

  • Direct material
  • Direct labor
  • Factory overhead

POINT

・Material の Standard cost は、 Material standard price × Material standard quantity for one product


・Price(価格)の Variance には、Actual な Volume(使用量)をかける


・Volume(使用量)の Variance には、Standard な Price(価格)をかける

Direct material の Variance analysis

Direct material(直接材料費)の差異分析。

Actual results の Activity level(Sales volume)によって作成される Budget が Flexible budget(変動予算)。この Flexible budget と Actual results の VarianceFlexible budget variance となる。

Direct material の Flexible budget variance は、Price(価格)の Varianceと、 Quantity, Efficency(使用量、効率性)の Variance にわけることができる。

Material price variance

Product に Input された Material の Unit あたりの Price の Variance(差異)。Material を購入した時点で認識できる。

この Price variance は、Flexible budget における Budgeted(Standard)な Material price と、 Actual な Material price の差額に、Actual quantity をかけることで求めることができる。

Price variance = (Actual price – Standard price ) × Actual quantity

Variances が正なら購入価格が高くついたので Unfavorable、負なら購入価格が安くすんだので  Favorable。

Price variance > 0
Unfavorable
 
Price variance < 0
Favorable

Responsibility

Material price variances の Reponsibility は Purchasing manager にある。

Standard quantity allowed

Production に必要な Input の Unit の Amount。

  ◇Example

  Quantity purchased … 100 units
  Standard quantity allowed … 80 units

  Total actual price … $1,000.00
  Total standard price … $1,010.00

  Material price variance は?

 

  Actual と Standard の Price の差を、Actual quantity で比較する。

  Actual quantity は、100

  (1,000 – 1,010) × 100 = -1,000

  Favorable variance が $1,000

 

Standard と Actual の Total の Material price が同じだが、Purchase した Unit の Amount に差異があるときは、Per unit の Price を求める。

  ◇Example

  Quantity purchased … 100 units
  Standard quantity allowed … 80 units

  Total actual price … $1,000.00
  Total standard price … $1,000.00

  Material price variance は?


  Standard の Per unit price と Actual の Per unit price を Actual quantity で比較する。

  Standard の Per unit price は、Total standard price を Standard quantity でわる。
  1,000 ÷ 80 = 12.5

  Actual の Per unit price も、Total actual price を Actual quantity でわる。
  1,000 ÷ 100 = 10

  (10 -12.5) × 100 = -250

  Faborable vaiance が $250

Material quantity variance

Product に Input された Material の Quantity の Usage(使用) の Variance(差異)。Material usage variance とも呼ばれる。

この Quantity variance は、Flexible budget における Budgeted(Standard)な Material quantity と、 Actual な Quantity の差額に、Budgeted(Standard) quantity をかけることで求めることができる。

Quantity variance = (Actual quantity – Standard quantity ) × Standard quantity
Budgeted quantity は、Actual な Sales volume に Budgeted component をかけて求められる。
Production manager と Purchase manager によって Investgate される。

Quantity variances が正ということは、Material をたくさん使う羽目になってしまったということであるため、Unfavorable variances となる。

Quantity variances が負ということは、Material の使用量が少なくすんだということであるため、 Favorable variance となる。

 
Quantity variance > 0
Unfavorable
 
Quantity variance < 0
Favorable

Standard に比べて、Quality の低い安い Material を購入すると、Favorable な Price variance が発生するが、質が悪くて使いすぎるため、Unfavorable な Quantity variance が発生する可能性がある。

通常 Manufacturing department に Charge される。

  ◇Example
  1 unit … 1.5 pounds
  1 pounds … $2.00

  Budgeted finished goods … 10,000 units
  Actual finished goods … 12,000 units

  Budgeted material usage … 15,000 pounds
  Actual material usage … 17,000 pounds   

 

  Budgeted material purchase … 15,000 pounds
  Actual material purchase … 20,000 pounds 

  Material usage variance は?
  Material usage variance は、Standard quantity と Actual quantity を Standard price で比較する。

  まず、Standard quantity を求める
  Standard quantity は、Actual な Production quantity と Standard な Component から求める。
 
  12,000 × 1.5 = 18,000

  (17,000 – 18,000) × 2 = – 2,000

Material usage variance を使って、Material price variance を求めることもある。

  ◇Example
 
  Actual material cost … $72,000
  Actual purchased materials … 9,000 units
  Standard purchased materials … 10,000 units
  Unfavorable material usage variance … $4,000
 
  Material price variance は?
 
 
  Material price variance は、Standard price と Actual price を Actual activity で比較する。
 
  Actual price per unit は、72,000 ÷ 9,000 = 8
 
  Actual activity は、9,000
 
 
  Standard price per unit を Material usage variance から求める。
 
  (10,000 – 9,000) × Standard price per unit = 4,000
 
  Standard price per unit = 4
 
 
  (4 – 8) × 9,000 = -36,000

 

Sales variances

 Budgeted sales と Actual の Sale との Variances が Sales variances