Cost allocation - Overhead rate

Cost allocation

Factory overhead(製造間接費)は、Cost allocation basis( 配賦基準)にしたがって、Product などの Cost objective(原価計算対象)に Allocate される。

POINT

・Actual な Volume が少ないと、Underapplied overhead(製造間接費配賦不足)の可能性あり


・Overapplied と Underapplied は、Cost of goods sold、Work in progr

Purpose

Cost allocation の目的は、社外への Financial reporting のために Income や Asset を適切に Measure

Cost allocation basis

配賦基準。

Direct labor hours

直接作業時間。Direct labor の時間を基準とする。合理性が高い。

Machin hours

機械稼働時間。こちらも合理性が高い。

Production volume

生産高。Product が一種類なら最適。

Direct material costs

直接材料費。

Direct labor costs

直接労務費。

Overhead rate

間接費の配賦率。Overhead を Activity level(操業度)でわって求めることができる。Activity level は Cost allocation basis による。Direct labor hours basis なら、Activity level は、Direct labor hours。

Overhead rate = Overhead / Activity level

Overhead rate は、Actual overhead rate と Predetermined overhead rate がある。通常、Predetermined overhead rate が使用される。

Actual overhead rate

実際配賦率。Actual な数字を使う。数値は確かだが、実際の数値が出るまで計算ができない。以下のような Disadvantage がある。

  • Project cost に関する Information を Timely に Provide できない。
  • Allocation base の Actual quantity の Affect されすぎる

Predetermined overhead rate

予定配賦率。数値は Estimate された Budget の数字を使う。一般に使用される。Actual との差異は、あとで Cost of goods sold などで処理する。

Predetermined overhead rate = Budgeted factory overhead / Budgeted activity level

Budgeted activity level で使用する値は、Cost allocation level による。

  • Direct labor hours(直接作業時間)
  • Machin hours(機械稼働時間)
  • Production volume(生産高)
  • Direct material costs(直接材料費)
  • Direct labor costs(直接労務費)

Predetermined overhead rate の Advantege には以下のようなものがある。

  • Predetermined により Simple に Overhead cost を Estmate できる
  • Project cost に関する Information を Timely に Provide できる。
  • 複数の Cost pool を設定することで、Different type の Cost を Allocate できる。

Allocation

Factory overhead cost は、Predetermined overhead rate に Actual acitivity used(実際操業度の消費量)をかけた Manufacturing overhead applied を求めて、WIPに計上する。

Manufacturing overhead applied = Predetermined overhead rate × Actual activity used

Predetermined overhead rate の求め方は、Variable factory overhead(変動製造間接費) と Fixed factory overhead(固定製造間接費) でことなる。

Variable factory overhead

Variable factory overhead の Predetermined overhead rate は、Estimated variable factory overhead(予定変動製造間接費)を Estimated actual activity level(予定実際操業度)でわる。

Predetermined overhead rate = Estimated variable factory overhead / Estimated actual activity level

Estimated actual activity level は、販売の予定量から決めた操業度。妥当性が高い。

Fixed factory overhead

Fixed factory overhead の Predetermined overhead rate は、Estimated fixed factory overhead(予定固定製造間接費)を Normal capacity level(正常操業度)でわる。

Normal capacity level は、過去の平均値から異常値を外した操業度。

Predetermined overhead rate = Estimated fixed factory overhead / Normal capacity level

  ◇Example
  Incurred direct labor … $100,000
  Incurred fixed overhead … $250,000

  Budgeted direct labor … $110,000
  Budgeted fixed overhead … $220,000
  Basis … Direct labor cost
  
  Fixed overhead の Underapplied は?

  Predetermined overhead rate は、
  Budgeted fixed overhead を Budgeted direct labor(Budgeted activity level)
  220,000 / 110,000 = 2.0

  2.0 × 100,000 = 200,000

  250,000 – 200,000 = 50,000

Over applied and Under applied

Cost allocation は Budget で行われるので期中に過不足が生じる。過不足は期末に Cost of goods sold で処理される。過不足が Material の場合は、Work in progress(仕掛品)Finished goods(完成品)にも按分される。

Predetermined overhead rate は、Budgeted な Cost を Budgeted な Volume で割るので、Actual な Cost が増えたり、Actual な Volume が少ないと、Underapplied overhead(製造間接費配賦不足)の可能性がある。

Predetermined overhead rate = Budgeted overhead cost ÷ Budgeted activity level

実際にかかった Cost は 一度 Stores control に計上する。そして、使用した分を Factory overhead control に計上する。