Cost accounting -Cost of goods manufactured

Cost accounting 、原価計算。

Product や Service の Cost を計算する。意思決定や内部管理、財務諸表作成のために実施。

POINT

・Machine operator、Assembler、Part-time technicians の Wage は Direct labor cost 


・Foreman や Machine mechanics の Wage は Indirect labor cost

Components

Cost accounting で使う要素。

Finished goods

製品。完成した Goods。

Manufacturing cost

製造原価、Cost of Goods Manufactured (COGM)、Product cost 。Inventoriable cost(棚卸資産原価)でもある。

製造量に紐づいて増えるのが Variable manufacturing cost(変動製造原価)、製造量に関わらず一定金額発生するのが Fixed manufacturing cost(固定製造原価)。

Cost は Responsibility center により Accumulate されていく。

Work in process

仕掛品、略称は WIP。Material などの Cost が生産ラインに投入されているが、完成していない状態。

The job still in process at the end.

Work in process の Account は、Direct material、Direct labor、Factory overhead により Increase する。

Material

材料費。Direct material は、直接 WIPに賦課される。Indirect material は、一度 Factory overhead に計上されてから WIPに Allocate される。

Transportaton in は Material cost に含む。Purchase return and allowance は Material cost から引く。

Labor

労務費。Direct labor は、直接 WIPに賦課される。Indirect labor は、一度 Factory overhead に計上されてから WIPに Allocate される。

Machine operator、Assembler、Part-time technicians などの Wage は Direct labor cost として計上される。

Foreman(現場監督)や Machine mechanics の Wage は Indirect labor cost として計上される。

Office manager の Salary は Expense として計上される。

Customer の要求で納期が早められると Overtime premium が発生することもある。

Factory overhead

製造間接費、Indirect cost。Indirect な Material や Labor も含まれる。直接 Product に賦課されず、特定の基準で Product に Allocate される。

工場の Electricity は、Fixed と Variable の区別に関係なく、Overhead に計上される。Equipment の Lubricant や Depreciation なども Overhead として計上される。

Conversion costs

Labor と Overhead を併せた Cost。Processing cost では、Material と Conversion cost にわかれ、進捗度に応じて完成品に換算される。

Prime costs

Material と Labor を併せた Cost。

Product costs

Goods の Making や Acquiring に関連した Cost。Products が売れるまで Inventory として Asset(資産)で計上される。Inventoriable cost(棚卸資産原価)。

Period cost

原価に計上せず Expense として計上する。

Variable costs

変動費。操業度に応じて増える Cost。Service hours が Basis の Depreciation は Variable cost。

Fixed costs

固定費。操業度にかかわらずかかる Cost。家賃など。工場の建物の Straight line が Basis の Depreciation は Fixed cost。

Mixed costs

Variable costs と Fixed costs の Components をあわせもつ。

Step variable costs

Level of activity に応じて変動するが、ある一定の Point で大きく変動する。

Contribution margin

限界利益、貢献利益、Marginal profit。Managerial accounting に登場するが、Financial accounting には登場しない概念。

Sales からすべてのVariable cost、Varialbe selling expense を引いて求める。

Relevant cost

関連原価。Decision making(意思決定)に Relevant(関連)して変化する Cost 。複数の選択肢からひとつの選択肢を選ばなくてはならないときに考慮される。

Cost pool

Cost を集計する単位。Department ごとに集計することが多いが、Activity based costing では、Activity ごとに Cost を集計する。

Retail inventories

Merchandising inventory

Manufacturing inventories

Raw materials 、Work in process 、Finished goods の三種類。

Cost accounting Methods

Cost accounting にはさまざまな方法があり、目的や業種により適したものを選ぶ。目的別では多く聞く2つにわけられる。

Variable costing

直接原価計算、Direct costing ともいう。Cost を Variable cost と Fixed cost にわけ、直接かかった Variable cost は Cost に計上するが、Fixed cost は Cost に計上せず Expense とする。Managerial accounting(管理会計)で用いられる。

Variable costing(直接原価計算)とAbsorption costing(全部原価計算)  -InventoryにFixed costが含まれるのはどっち?- USCPA

Absorption costing

全部原価計算、実際原価計算ともいう。Cost を Variable cost を Fixed cost にわけず全部ひっくるめて計算する。Financial accounting(財務会計)で用いられる。

Absorption costing は、業種により以下のようわけられる。

Process costing

総合原価計算。Cost を一括して求める。連続的に大量に生産される Product 向け。

Job order costing

個別原価計算、Product ごとに直接費と間接費を集計する。Special order に向け。

そのほかにもいくつかの計算方法がある。

Standard costing

標準原価計算。Standard(標準)を設定して計算する。実際との金額との Variances(差異)を分析する。

Standard costing(標準原価計算)のDirect material variance -有利な差異は Favorable variance- USCPA

Activity-Based Costing

活動基準原価計算、ABC system 。Overhead を Activity ごとの Cost に分けて配賦する。

Activity-Based Costing -Cost driverでNon-value-adding activitiesを削減- USCPA