Attestation engagement -Subject matterが対象- USCPA

Attestation engagement

 CPAが行う Attestation(証明)のサービス。Client の Subject matter、もしくは Subject matter の AssertionSuitable criteria を適用して Measure や Evaluate を行う。

 以下のサービスを実施して Report する。

・Examination
・Review
・Agreed upon procedure

・Examination
 Evidence の検査、レベルの高い Positive assurance(積極的保証)を提供する。そのために Evidence を集めて Attestation risk を Low level に減らす。

  ☆Criteria から Deviation している Condition がみつかる

 Audit と同様に Independent なところから入手した Evidence は、assurance のレベルが高い。

 Subject matter の Misstatements には、Subject matter に Direct に Qualified opinion か Adverse opinion を Express。

 Examination の Report は、Subject matter と Management’s written assertion に対して行う。従って Management からの Written assertion が必要となる。

 ただし、Criteria からの Material deviation があると、Report は Subject matter のみに行う。また、Written assertion の提出がなければ、Scope limitation となり Report を Modify する。

  ☆Subject matter に Responsibility がない Client からは Written assertion を Obtain できない。

・Review
 Examination ほどの高レベルではない Negative assurance(消極的保証)を提供する。Attestation risk は Moderate level に減らす。

 Examination と同様に、Client からの Written assertion が必要。提出がなければ、Incomplete review となり Withdraw する。

・Agreed upon procedure
 Specified parties に対して、Agree (合意) された Procedures を実施し、Findings を提出する。Assurance は提供しない。

 Representation letter が必要なときもある。必要なときに手に入らなければ、Limitation on the performance となり、Report での Disclose や Service の変更、もしくは Withdraw する。

○Standards
 Attestation engagement は以下を Standard としている。

・Attestation Standards
・Statements on Standards for Attestation Engagements(SSAE)
・Interpretations

 これらは AICPAの Auditing Standard Board(ASB)が Promulgate している。

 SSAEは、Attestation standards を解釈したものであり、AICPA Professional Standards により、ATのコードが付与されている。

・PCAOB
 PCAOBは独自の Attestation engagement の Standard を発行していないので、ASBの Attestation standards を Interim standards として採用している。

○Subject matter
 Attestation engagement の対象となる Subject matter は、

・Prospective financial statements
・Reporting on an Examination of Controls at a Service Organization
・Reporting on internal control over financial reporting
・Management Discussion and Analysis (MD&A)
・Pro forma financial statements
・Compliance

・Prospective financial statements
 予測財務諸表。Examination 、Compilation、 Assurance services を実施する。

・Reporting on an Examination of Controls at a Service Organization
 Internal control に関する Service organization に Report を出す。Service auditor が Competence と Capability をもっていなければならない。
 

・Reporting on internal control over financial reporting
 Internal control に対して Opinion を Express する

・Management Discussion and Analysis (MD&A)
 MD&Aに対するAttestation。
 

・Pro forma financial statements
 見積もり財務諸表。Transaction が過去に起きていた場合、どんな影響を Historical financial Information(過去の財務諸表)におよぼしたかを示す Statement。
 

・Compliance
 法令順守を Attest する。
 

○Suitable criteria
 Criteria は Suitable Available であるべし

・Characteristics
 Criteria は以下の特徴を示す

 ・Relevance
 ・Objectivity
 ・Measurability
 ・Completeness

・Available
 Subject matter がどのように Measure や Evaluate されたか理解されるために、Criteria は Intended users にも Available でなければならない。

 以下の Ways により Available

 ・Publicly
 ・In the presentation of the subject matter
 ・In the practitioner’s report
 ・By general understanding
 ・Available only to specified parties

◎Assurance services
 Audit 以外の Assurance(保証)保証サービス。Information の Quality とその Context を Improve させる。

○Trust service
 企業の Web-site や System に Assurance を与えるサービス。

 5つの Principles がある。

 ・Availability
 ・Security
 ・Integrity
 ・Confidentiality
 ・Online privacy

 また、Trust service principles には、4つの Criteria がある。

 ・Policies
 ・Communications
 ・Procedures
 ・Monitoring.

・Web Trust service
 WebTrust service は、企業の Web-site にオンライン不正やプライバシー侵害の防止に対する Reasonable assurance を与えるサービス。

 Examination を実施して、Client の Web-site が Trust criteria にそっているか Opinion をしめす。Client から Written assertion を Provide される必要があり、もし Refuse されたら Disclaimer of opinion をしめす。

・Sys Trust service
 Sys Trust service は、コンピュータシステムを調査して Assurance を与える。

◎Other services
 Audit と Attestation 以外のサービスに以下のようなものがある。

・Compilation
・Consulting
・Tax practice