Other matter paragraph -Financial statement に関連していないMatter- USCPA

◎Other matter paragraph

 Unmodified opinion の Report において、Financial statements で開示されていない Information のうち、Financial statement の User にとって重要で強調すべきものを言及する Paragraph 。Financial statements に関連していない Matter を記載する。

 Other matter paragraph は、Opinion paragraph の後に配置される。もし、Emphasis of matter paragraph が Opinion paragraph の後に付されているのならば、その後に付す。

  ☆Emphasis of matter paragraph と Other matter paragraph は、Unmodified opinion のみ。

  ☆Emphasis of matter paragraph や Other matter paragraph がつかない Unmodified opinion は Standard audit report という。

 GAASによって要求されているもの、もしくは Auditor が必要と判断したものを参照する。以下がGAASで要求されている。

・Audit report の Restriction
・Subsequent event
・Comparative financial statements
・前年の Financial statement には Audit を行っていないこと
・Other information
・Supplementary information
・Compliance

・Subsequent event
 Opinion の変更に関わる後発的要因(Emphasis of matter paragraph による表示でも可)

・Comparative financial statements
 Comparative financial statements の Audit において、Opinion の修正や、Audit 以外の Review 、Compilation の実施、そして Predecessor auditor の代わりに Audit report を Reissue したQ場合には Other matter paragraph に記載される。

・Other information
 Financial statement と Other information とのMaterial inconsistency(重大な不一致)。
 Other information に修正が必要であるにも関わらず、Management が修正しなければ、Other matter paragraph に Material inconsistency について記す。

・Supplementary information
 FASBやGASBで要求される補足情報。この Supplementary information の Omission 、Departure を記載する。また、Supplementary information について必要な Procedures を実施できなかったら、その旨を記載する。

・Compliance
 Audited financial statements に関連する Contractual agreements や Regulatory requirements の Compliance

 また、以下のような Information については、Auditor の判断で Other matter paragraph に記す。

・Scope limitation だが、Engagement を撤回できない
・Auditor の Responsibility について追加の Explanation
・Financial statement を異なる Framework で作成

○Restated financial statements
 前年の Financial statements を Restate し、Express した Opinion を修正した場合にも Other matter paragraph を使用する。

 たとえば、前年に Qualified opinion を Express (GAAP からの Departure など)していたとき、今年になって Financial statements を Restate し、Unmodified opinion を Express したケースが該当する。

 この場合、Update した Audit report に Other matter paragraph をつける。Prior year の Original report は必要ない。

 Other matter paragraph には以下を記載する。

・The date of the auditor’s previous report
・The type of opinion previously expressed
・The circumstances or events that caused the auditor to express a different opinion
・The updated opinion differs from the previous opinion

○Inclusion of inaccurate interim information required by the FASB
 FASB が要求している Interim information が Inaccurate なときは Other matter paragraph に記載すればよい。Interim information は Audit の対象外なので、Opinion を Modify する必要はない。