Treasury stock(自己株式)Par value method -購入時にPar valueで計上- USCPA

Treasury stock 、自己株式。Issue(発行)した自己の Share(株式)を買い戻したら Treasury stock となる。

Treasury stock は Debit account に計上する。

 D: Treasury stock
   C: Cash

ただし、Debit に計上するが Asset ではない。Equity の Contra account(逆勘定)となる。

Treasury stock を所有している間は、その金額だけ Retained earnings に Appropriation(制限)がかかり、Dividends(配当)が Distribute(分配)できない。

Treasury stock の処理についてのメソッドは2つある。

POINT

・Treasury stock は Equity の Contra account


・Treasury stock は Retained earnings に Appropriation をかける


・Treasury stock を Cost > Treasury stock + APIC で Acquire したとき、Par value method では差額を Paid in capital treasury stock で計上


・Treasury stock を Cost < Treasury stock + APIC で Acquire したとき、Par value method では差額を Retained earnings で計上


・Par value method では Treasury stock の Reissue を Par value で計上


Par value method

Par value method は、Treasury stock の購入時に、Common stock の Par value で計上するメソッド。

Treasury stock の Acquire

Treasury stock の Acquire では、Treasury stock を Common stock の Par value Debit に計上する。

D: Treasury stock XXX (Par value)
   C: Cash

Cost (購入金額) で計上するのが Cost method

Additional paid in capital

Common stock を発行した時に Par value 以上の払込があった場合には、 Additional paid in capital(以下APIC) が計上されている。

この APIC は、Par value method において、Treasury stock を Aquire したときに Debit で崩す。

D: Additional paid in capital

差額の処理は、Treasury stock の Cost (購入金額) と Treasury stock + APIC を比較して決定される。

Treasury stock の Cost が Treasury stock と APIC を上回っている時、

その差額を

Paid in capital treasury stock Credit に計上する。

仕訳はこうなる。

D: Treasury stock XXX (Par value)
D: Additional paid in capital
   C: Cash (Purchase price)
   C: Paid in capital treasury stock

Retained earnings

Treasury stock の Cost が Treasury stock と APIC を下回っている時、

その差額を

Retained earningsDebit に計上する。

D: Treasury stock XXX (Par value)
D: Additional paid in capital
D: Retained earnings
   C: Cash (Purchase price)

 
 
  • Par value で Treasury stock を Debit 計上
  • 発行時の APIC を Debit で崩す
  • Cost < Issue price  ⇒ Paid in capital treasury stock
  • Cost > Issue price  ⇒ Retained earnings
Par value method は Cost method と比べて、Treasury stock 発生時の処理がめんどくさい。だが、Reissue(再発行)での処理では一転する。
Par value method も Cost method もTreasury stock が発生したら、Stockholders’ equity は Decrease し、 再発行したら Increase する。

◇Example
自社株購入、Par value method
Par value … $5
Issue price … $7
発行株数 … 10
購入株数 … 10
Purchase price … $8


まず発行時は以下の仕訳
D: Cash 70
  C: Common stock 50
  C:  APIC 20

自社株購入。Treasury stock を$50で計上し発行時の APIC の$20 を崩す。
Purchase price$8 >Issue price $7なので、差額の$10が Retained earnings になる。

D: Treasury stock 50
D:  APIC 20
D:  Retained earnings 10

  C: Cash 80 

◇Example
自社株購入、Par value method
Par value … $5
Issue price … $7
発行株数 … 10
購入株数 … 10
Purchase price … $6


発行時には、APICが$20

自社株購入。Treasury stock を$50で計上し発行時の APIC の$20 を崩す。
Purchase price$6< Issue price $7なので、差額の$10が APIC treasury stock になる。

D: Treasury stock 50
D:  APIC 20

  C: Cash 60
  C:  APIC treasury stock 10

Treasury stock の Reissue

Treasury stock の再発行

Par value method での Reissue の処理は、Par value を Treasury stock として Credit で計上する。

Reissue price が Purchase price を上回っているならば、 差額は APIC で計上する。

  • Par value で Treasury stock を Credit 計上
  • Purchase price < Reissue price ⇒ APIC

◇Example
Reissue、Par value method
Par value … $5
Issue price … $7
発行株数 … 10
購入株数 … 10
Purchase price … $8
Reissue price … $10

すでに計上されている Treasury stock は、Par value method なので 5 × 10 の 50
Purchase price  $8 < Reissue price $10 なので、差額の 50 は APIC

D: Cash 100
  C: Treasury stock 50
  C: APIC 50


Treasury stock の Retirement

株式消却、Cancellation(消印)。Issue した株式を Retire させることがある。株主にとっては EPS(一株当たり利益)が上がるのでうれしい。


処理は、Par value method と似ている。Treasury stock が Common stock に変わるのと、APIC retirement of common stock が出てくるぐらい 。

  • Par value で Common stock を Debit 計上
  • 発行時の APIC を崩す
    Treasury stock を消す


Donation

たまに、人生に飽きた富豪が株を寄付してくる。寄付されたら Donated capital で計上する。

 D: Treasury stock
  C: Donated capital 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


EPS(1株あたり利益)  -Outstanding sharesはWeighted average-  USCPA